ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコイン暴落で年初来安値決壊!次の下値メドと下落要因を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15日、未明にビットコインが暴落しついに年初来安値が決壊しました。

次の下値メドと下落要因をめとめました。

※内容は追記する可能性があります。

要点

・ついに年初来安値決壊
重要な価格帯といわれていた6000ドルのサポートが決壊。今後の相場動向には十分注意でしょう。

 ビットコイン6000ドルのサポートが決壊

ビットコインドル 日足

ビットコインは重要な価格帯と専門家から指摘のあった6000ドルがいよいよ決壊。

このサポートが決壊したことで、仮想通貨市場が全面安の展開となっています。

次の下値メドは、昨年11月の安値である60万円前後です。

ただ、すでに本稿執筆時点で60万円の安値を一度つけており、一旦は反発という展開になっています。

仮に60万円のサポートも抜けると、40万円から56万円付近のレンジに移行してしまう可能性も考えられます(対ドルでいったら4000ドルから5000ドルの節目のレベル)。

ビットメックスCEOなどは3000ドルまで下がるとも指摘しています。

繰り返しにはなりますが、一度安値をつけてしまったので、ここから価格が反発できるか注目でしょう。

 

価格暴落の要因

価格が暴落した要因はいくつか指摘されています。

①米国株式と連動した下落
②明日に控えるビットコインキャッシュハードフォークの不安感
③CBOEビットコイン先物期日日のための仕掛け売り

15日のNYダウは206ドル安で引けており、今週に入ってから米国の株式市場が再び不安定な状態になっています。

一部では、仮想通貨がリスク資産とみなされ売られた可能性があると指摘されています。

②は明日のビットコインキャッシュハードフォークが、コミュニティーの対立により不安材料になっているという指摘。

そして、③は15日午前5時45分が、CBOEビットコイン先物の期日日だったために、大口の投資家が仕掛け売りをしたというもの。

ビットコイン円 5分足 11/15 5時頃

実際にチャートを確認してみると、安値をつけたタイミングが5時30分と、先物決済日のタイミングと重なっているため、こちらの指摘も一理あるでしょう。

日経平均など既存の株式市場でも先物期日日は大口の注文が増え、価格が乱高下することはよくあることです。

 

まとめ

リップル、ビットコインキャッシュ、ネムといった主要なアルトコインに関しては、今月に入って価格が上昇していたので、9月の安値をメドに動向に注目したいところです。

上記で述べた通り、先物期日にあわせた仕掛け売りだった可能性も考えられるため、ビットコインの価格は一旦反発しています。

ただ、今後60万円を割ることがあれば、価格がもっと下落するリスクが高まるため、まずは60万円をサポートにできるか注目です。

明日にはビットコインキャッシュのハードフォークも控えており、今週はこのあとも価格が乱高下する可能性があるので、取引している方は十分に注意したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が下落しており、今後のチャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.