ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインキャッシュがハードフォーク完了で市場はわずかに回復!今後はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

懸念材料と指摘されていたビットコインキャッシュのハードフォークは無事に終了。

市場は完了後にわずかに回復し、今後の展開が注目されます。

要点

・2017年と同じ動きをするのか?
昨年も11月のビットコインキャッシュのハードフォーク完了後に価格が上昇したこともあり、今後の相場動向に注目でしょう。

 ビットコインキャッシュのハードフォークは完了!通貨は分裂へ

一部の専門家からは懸念材料として指摘されていたビットコインキャッシュのハードフォークですが、無事に終了。

結果はロジャー・バー氏率いるABC派とグレイグ氏率いるSV派の通貨に分裂することになりました。

Binanceはビットコインキャッシュ ABC (BCHABC)、ビットコインキャッシュ SV (BCHSV) を配布しており、取引を開始します。

バイナンスでは、さきほど分裂した通貨の配布と取引を開始することを発表。

基本的には、これまでビットコインキャッシュと呼んでいたものは、今後ビットコインキャッシュABCになります。

なので、国内で取引されるビットコインキャッシュも上記の「ビットコインキャッシュABC」になります。

ただ、取引所の対応については国内でも若干異なるので、利用している自身の取引所を調べた方が良いでしょう。

シンボルマークなども、今後2つのコインがどのように表示されるのか注目です。

 

最大の焦点は今後価格が上昇していくのか

前日までは暴落していた仮想通貨市場ですが、ビットコインに関しては小幅に価格が上昇。

このままどこまで回復できるかがしばらく市場の焦点となりそうです。

ビットコイン円 5分足

また、昨日もお伝えした通り、2017年は11月のビットコインキャッシュハードフォーク完了後に、相場は年末に向けて価格が上昇しました。

悲観するのはまだ早い?2017年も11月に同じ理由で相場は暴落していた!過去のチャートを分析

なので、今年もここから年末へ向けて価格が上昇していくのか注目になるでしょう。

昨年はCBOE、CMEのビットコイン先物上場の期待感で相場は上昇していきましたが、今年は似たような材料としてBakktの先物サービス開始と年末にはビットコインETFの可否判断が控えています。

ビットコインキャッシュのハードフォークを大きなイベントのひとつだったので、市場が再びポジティブな材料を消化していくのか今後の展開に注目です。

 

まとめ

大きな懸念材料であったビットコインキャッシュのハードフォークを消化した次は、いよいよ年末へ向けて価格が上昇していけるかが焦点となります。

また、6000ドルを割り込んでしまったビットコインの次のサポートは、4500ドルから5000ドルと指摘されているので、ここから価格が下落しないかに注目でしょう。

アルトコインに関しても、現在はビットコインとの相関性が強いので、仮想通貨市場全体の時価総額の回復と価格上昇に期待したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.