ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

現在の相場を専門家はどう見ている?慎重派から強気派まで専門家5名の見解まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月中旬から大暴落した仮想通貨市場ですが、今週に入ってやっと下落に歯止めがかかっています。

今回の暴落に関しては、割れることはないと思われていたビットコインの6000ドルが決壊したため、専門家からも連日様々な意見が出ました。

慎重派から強気派まで、これまでに出た主要な専門家の見解をまとめました。

要点

・今後相場はどうなるのか
専門家の見解は、慎重派から強気派まで様々で「わからない」といったのが正直な意見です。しかし、いずれにしても長期的には市場が上昇していくというのが大方の意見のようです。

 慎重派の見解:しばらく市場の低迷は続く

慎重派の意見としては、市場の低迷がしばらく続くというものです。

2名の専門家の意見を紹介します。

 

著名仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏「相場が底をつけるのは2019年6月まで」

2019年6月?2020年まで!?市場の低迷はいつまで続くのか!3名の専門家による見解

正確な予測で定評のある海外の著名仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏は、2019年6月まで相場が底をつけないと予想しています。

つまり、2019年6月まで相場は上昇していかないということです。

ただし、相場が底をつけてからは再び長期の上昇トレンドになるとも分析しています。

ウー氏の指摘が正しければ、セリングクライマックスは少し先になりそうです。

 

シビックCEOビビン・リンガム氏「半年間は相場は横横」

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

デジタルIDの注目スタートアップ「シビック」CEO、ビビン・リンガム氏は、今後半年間は30万円から50万円のレンジ相場になると予想しています。

慎重な意見ではありますが、相場がひとたび弱気相場を抜け出せば、再び上昇トレンドに復帰するとの発言も。

おもしろいのは、ウー氏の指摘と同じく、今後半年間(2019年6月まで)を重要な時期とみていることです。

ただ、同氏は次の半年で価格が上昇しなければビットコインは1500ドルの安値を目指し一段安になるとの指摘もしています。

 

強気派の見解:来年から価格が上昇

次に強気派の見解ですが、強気派にも価格が上昇する時期などが様々であり一概には言えません。

前述した通り、専門家のほとんどは長期的にはみな強気とも言えます。

 

著名投資家マイク・ノボグラッツ氏:2019年3月までに弱気トレンドが転換

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

米著名投資家であり、仮想通貨投資ファンドも務めるマイク・ノボグラッツ氏は、2019年3月までに相場が反転すると予測しています。

その根拠は、年明けに始まるBakktのビットコイン先物、Fidelityといった機関投資家向けのサービス。

その点では、今週報道されたナスダックへのビットコイン先物も当てはまるでしょう。

同氏はこれらのサービス開始により、2019年第一四半期に機関投資家の資金流入が加速するとみているようです。

 

仮想通貨決済Bitpay幹部ソニー・シン氏「ビットコインの19年末の価格は170万円から220万円」

来年のビットコイン価格は220万円!?弱気相場に関わらず仮想通貨決済企業Bitpayが大胆予想!

仮想通貨決済大手BitPayの幹部、ソニー・シン氏は、来年末のビットコイン価格が170万円から220万円になると予測しています。

注意点はノボグラッツ氏と違い、やや長期的なスパンだということ。

価格上昇の根拠は、ノボグラッツ氏と同じく、機関投資家向けのサービスが開始され、市場に資金が流入するというもの。

先に紹介した慎重派の意見を踏まえても、例えば来年6月まで価格が低迷したとしても、来年末に価格が急上昇するのは大いにあり得るシナリオでしょう。

 

ファンドストラッド社トム・リー氏「仮想通貨を買うなら今」

「仮想通貨を買うなら今」ファンドストラッド社代表トム・リー氏が発言!これから価格が上昇する理由とは?

最後に、これらの専門家の意見をまとめるものとして、先日のトム・リー氏の見解が挙げられます。

リー氏は、現在のような弱気相場は長期的に考えれば、仮想通貨を安く買うチャンスと講演で述べました。

確かに、短期的には価格の下落が続いていますが、数年のスパンでいったらリー氏の指摘するように現在の相場はチャンスかもしれませんね。

仮想通貨市場は来年以降も規制などが整い、ますます発展していく見込みがあります。

価格の続いている現在ですが、相場の動向を追う際は、リー氏のような長期的な視点を持ちたいところです。

 

まとめ

このように専門家の中でもしばらく市場が低迷する意見と来年に入り相場が上昇する意見で分かれています。

しかし、繰り返しにはなりますが、いずれの専門家も長期的には市場が発展していくと考えているのがほとんどです。

また、リー氏の指摘にもあるように、長期的に考えれば価格が安くなっている現在は仮想通貨を買うチャンスととらえることも。

いずれにしても、再び市場が上昇していくのに期待したいですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加