ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャート分析でお馴染みのeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が直近の相場を分析しました。

同氏は先週からの下落は単なるレンジ内での推移と分析しています。

要点

・ビットコインは単なるレンジでの推移?
先週、ビットコインは大幅に下落を果たしましたが、同氏は単なるレンジの推移で気にするべきではないと述べています。

 新たなるミニレンジが登場?

「11月半ばから議論されているように、現在の範囲は3000ドルから5000ドル(点線の青い線) です。今のように、ベーコンは3550ドルから約 4200ドル(黄色の線) に、その内の新しいミニレンジをオープンしました。

マイティ・グリーンスパン氏は現在の相場についての最新の分析を発表。

先週半ばに大きく下落したビットコインですが、11月中旬から続いている3000ドルから5000ドルのレンジの範囲内で推移しているに過ぎないとの見解を示しています。

また、より詳細には3550ドルから4200ドルの小さなレンジを形成していると分析。

必ずしもグリーンスパン氏の分析が正しいとは言えませんが、今後このレンジをどちらにブレイクしていくか注目となりそうです。

グリーンスパン氏の分析では、現在の相場は下落トレンドが継続しているわけではなく、あくまで「小さなレンジ内での推移」ということになり、上記の価格帯をどちらにブレイクしていくかが重要になってきます。

 

グリーンスパン氏の分析だと今後の展開は

より詳細にチャートを確認してみましょう。

ビットコインドル 4時間足 12月17日~

グリーンスパン氏が指摘しているのは、12月17日から本日までの価格の推移です。

上記のチャートの四角の枠がそのレンジですが、確かに下落はしたものの、まだ範囲内で収まっています。

通常、このような相場は「ボックスレンジ」と呼ばれ、先にも述べましたが、この四角い枠をどちらにブレイクしていくが次の値動きの一手として重要になってきます。

実は対円だと価格が少しずれてしまうのですが、1月15日時点ではまだレンジを保っているので、ここから価格が反発していけるかに注目です。

また、現在はレンジの重要な価格帯にさしかかっていることもあり、今後相場が大きく動く局面にいるということも意識しておきましょう。

 

まとめ

グリーンスパン氏の見解によると、現在の相場は3550ドルから4200ドルのレンジ相場に。

今後、この小さなレンジをどちらにブレイクしていくかがひとつのポイントになろそうです。

今週は、イーサリアムのアップデートも控えており、相場が大きく動く可能性があります。

その際は、上記に挙げた価格をどちらにブレイクするか注目したいところです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.