ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

イーサリアムクラシックの51%攻撃が終幕か!攻撃者はホワイトハッカーが濃厚に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のセキュリティ企業SlowMist(スローミスト)は16日、51%攻撃の被害にあったETCが全て返金されたと報告しました。

攻撃者はホワイトハッカーだった可能性が高まっています。

要点

・攻撃者はホワイトハッカーだった?
ホワイトハッカーとは、通常の「ハッカー」とは反対に、善意をもってその技術を改良するのを目的に攻撃をするもの。今回は、blocチェーン上のセキュリティーや脆弱性を伝えるために攻撃を仕掛けたと言われています。

 イーサリアムクラシックの51%攻撃は終息か

SlowMist の BTI システムによると、51% の攻撃者が交換から奪ったすべての ETC が、2019で11:00 に戻ってきたことがわかった。

スローミストは、イーサリアムクラシックへの51%攻撃で被害を受けたロシアの取引所Yobit.Netに12万2735ETC(約5700万円)、中国のGate.ioに10万ドル分のETC(約2万3000ETC)が、攻撃者から返還されたと発表しました。

Gate.io側も公式から直接ETCが返還されたと発表。

先週から続いていたイーサリアムクラシックの51%攻撃騒動は終息したようです。

また、Gate.ioは今回の攻撃者が善意のある「ホワイトハッカー」だった可能性があるとコメントしています。

攻撃者側からの声明は今のところないようですが、ETCが返金されたのを考えると、システムの脆弱性を伝えるのが目的だったというのが妥当でしょう。

51%攻撃を受けたイーサリアム・クラシック(ETC)が10万ドル分返還される

 

国内の取引所の対応も注目に

国内ではコインチェックとビットフライヤーがイーサリアムクラシックの取り扱いをしています。

事件が発覚した時点で、両取引所はETCの入出金を停止していました。

17日夕方の時点では両社のアナウンスは確認できませんが、報道の通り51%攻撃が終息したのであれば、近日中には取引が再開される可能性があるので、その動向に注目です。

また、今回の51%攻撃騒動は、投資家の不安感を呼び市場の売り材料につながったとの指摘も一部であるので、本日以降の相場動向も念のためチェックしておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

イーサリアムクラシックへの51%攻撃で被害を受けたロシアの取引所Yobit.Netは12万2735ETC(約5700万円)、中国のGate.ioは10万ドル分のETC(約2万3000ETC)が、攻撃者から返還されたと発表しました。

また、今回の攻撃者は善意のあるホワイトハッカーだった可能性が指摘されています。

このまま何も問題なければ、国内取引所も取引を再開すると思われるので、その動向に注目です。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.