ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインが11億円になることは可能!米資産運用会社がレポート発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米資産運用会社のルシッド・インベストメンツ・ストラテジーは21日、ビットコインに関するレポート発表しました。

それによると、ビットコインが1000万ドル(日本円でおよそ11億円)になることは可能とのことです。

要点

・ビットコイン・マキシマリスト
ビットコイン・マキシマリストとは、全仮想通貨の中でもビットコインのみを支持する考え。言い換えると「ビットコイン過激派」。今回のルシッド・インベストメンツ・ストラテジーの報告はビットコイン・マキシマリストとしての意見であるので、その点は注意です。

ビットコインは11億円になることが可能

ネットワーク技術の次の層、信頼と関係の進化、現在の大きな流れ、私たちが来たるべき世界との対話方法を変えています。オープンブロックチェーンと この新しいについての学習を開始

ルシッド・インベストメンツは現在、世界の債務問題を解決するには、ビットコインが1000万ドルになる必要がありそれは可能だと言います。

IIFによると、世界の国々が抱える債務のは247兆ドル(日本円で約2京7000兆円)ですが、それを解決する上で、ビットコインがグローバル通貨になるということです。

また、一般的な解決策として挙げられるゴールド・スタンダードや経済成長、債務不履行などに比べ、「ビットコインスタンダート」は国や企業、個人が受けるダメージを最小限に留められる方法とレポート内で述べました。

 

ビットコイン11億円までのロードマップ

ルシッド・インベストメンツは、ビットコインが11億円になるのは非現実的に聞こえるかもしれませんが、実際には可能だとしロードマップも公開しました。

まず、500万から1000万円になるとき、ビットコインのドミナンス(市場の占有率)が90%を越えるとのこと。

その時は株式市場やヘッジファンドから資金の流入が加速するそうです。

1億円になるためには、スピード、透明性、コストの3点が約束されなければならないと主張。

その時、企業がビットコインを使いだ出すと述べます。

また、この段階までくれば年金ファンドや基金、金融機関、政府機関からも無視できない存在となり、ビットコインはすぐに11億円に到達するとのことです。

そして、ビットコインが11億円に到達したとき、世界の債務問題を解決する準備金として十分に機能すると述べています。

 

まとめ

ルシッド・インベストメンツによると、世界の債務問題を解決するにはビットコインが11億円になる必要があり、それは可能とのこと。

ただ、このレポートは「ビットコイン・マキシマリスト」としての意見に偏っているので、その点は注意が必要です。

しかし、ルシッド・インベストメンツが指摘するビットコインの持つ「価値保存の手段」や、仮想通貨市場における「株式市場からの資金流入」は多くの専門家が指摘する重要な要素です。

このことを頭に入れつつ、ビットコインの価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.