ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【1/29】今週の仮想通貨市場はどうなる?局面を迎える相場動向に注目か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週明けの仮想通貨市場は下落し、ビットコインは重要な価格帯に接近しています。

今週の重要な価格・ポイントをまとめました。

要点

・局面を迎える仮想通貨市場
ビットコインは節目の価格に接近しており、昨年最安値も視野に。今週は価格が反発できるか・さらに下落してしまうのかが最大の注目ポイントとなりそうです。

ビットコインは局面を迎える展開に

ビットコイン円 日足 2018年12月~

ビットコインは週明けにサポートであった38万円を割り込みました。

ただ、対ドルでみるとまだ1月22日安値3460ドルがサポートされているので、このままズルズル下落するのかはわかりません。

仮に、このまま価格が下落する場合、昨年最安値である355000円の価格がサポートされるか注目でしょう(チャートで矢印の部分)。

ビットコインの下落に連動する形で、アルトコインも大幅に価格が下落しているので、今週は局面を迎えるビットコインの価格動向が大注目となりそうです。

対円でみると38万円のサポートは抜けていますが、この価格帯は買いが入りやすいのもあるので、値動きがわかりずらい部分はあるでしょう。

 

価格は下落するも材料には乏しい週に

価格は下落していますが、直近で市場に悪影響となる材料・イベントは少ないです。

ひとつの注目ポイントとしては、先週解除された米国政府機関一部閉鎖解除です。

米国政府機関閉鎖がビットコインETFやBakktに影響!専門家が解説!

トランプ大統領は2月15日までつなぎ予算の成立に署名。

それにより、2月15日まで与野党が再びメキシコの壁建設費用に関して議論されることとなりました。

ビットコインETFに関しては、すでに取り下げが先週発表されましたが、Bakktに関してはローンチ日程がアナウンスされておらず、今週から2月15日までに何かしらの情報がアナウンスされる可能性があります。

なので、今週以降は政府機関閉鎖解除に伴うCFTC(米先物取引委員会)やBakktの動向に注目でしょう。

ただ、今週はこの他にあまり材料がないのも確かで、ビットコインが最安値を更新するような大きな市場のテーマもありません。

なので、相場動向と併せて新たな材料が浮上するのかも注目になるでしょう。

 

まとめ

ビットコインは週明けに38万円を割り込み、局面を迎える展開に。

しかし、ここからさらに価格が下落し続けるかはわからず、今週はその価格動向が注目となりそうです。

さらに価格が下落する場合、昨年最安値である35.5万円といった価格が次の下値メドになります。

相場の材料としては、今週は主なものがありませんが、米国政府機関閉鎖が解除されたことにより、これまで滞っていたBakktなどの動向に注目です。

また、新たな材料が出てくるかも今週は注目です。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.