ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

新材料浮上?ナスダックの技術を利用した米スタートアップ「ビコーズ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナスダックは13日、取引技術を提供した米スタートアップ「ビコーズ(BCause)」の取引を開始することを発表しました。

規制面でも優れた取引所となり今後注目を浴びるかもしれません。

要点

・新たな取引所「ビコーズ」
ビコーズは米スタートアップであり、新たな仮想通貨取引所。年内にサービスを開始するとのことです。

 ビコーズが仮想通貨現物取引を19年前半に開始

ニュースアラート: ビコーズは世界初の仮想通貨フルスタックエコシステムの作成者、ナスダック金融フレームワークプラットフォームを介して、マッチングエンジン、清算および市場監視技術を運用します。

ナスダックの公式プレスによると、米スタートアップ「ビコーズ」が19年前半にも仮想通貨現物取引を開始するとのこと。

取引技術にはナスダックの「ナスダック・フィナンシャル・フレームワーク」が採用されており、これはSBIバーチャルカレンシーにも使われています。

ナスダックいわくこの技術を応用することで、価格操作や安心した市場を構築できるとのこと。

また、ビコーズは取引所というよりデリバティブ取引やマイニングやカストデイなど、仮想通貨関連企業を総合的におこなう企業のようです。

またサービスの詳細は明かされていませんが「全ての顧客のニーズに応える」と述べていることから、今後機関投資家へのサービス提供も注目されるでしょう。

仮想通貨業界・市場にとってはグッドニュースと言えるでしょう。

CEOフレッド・グレーデ氏は下記のように述べています。

ナスダック・フィナンシャル・フレームワークを利用することで、ビコーズは新たなマイクロサービスの導入、業界ニーズを満たすための事業拡大、仮想通貨経済の進化などに応えられるスケーラビリティとモジュラー機能を持つことになる。

 

ナスダックの動向も今後注目か

仮想通貨業界に積極的に関わるナスダックですが、年内にも同取引所へビットコイン先物が上場されることが発表されています。

ナスダック(Nasdaq)へビットコイン先物上場が確定!2019年第一四半期の注目材料に!

本来は今月までに詳細が発表される予定でしたが、米政府機関閉鎖が長引いたこともあり、今年にはいり続報は入ってきていません。

今後ナスダックビットコイン先物の続報が出れば相場が動く可能性があるので、引き続き注目となるでしょう。

 

まとめ

ナスダックの公式プレスによると、米スタートアップ「ビコーズ」は、ナスダックの監査技術を応用し、19年前半に仮想通貨現物取引を開始するとのこと。

ナスダックの監査システムを応用することにより、規制面でも優れた取引となるため、今後注目の企業となるかもしれませんね。

また、ナスだクックは今年ビットコイン先物を上場するなので、その動向は引き続き注目となりそうです。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.