ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

実用性高まる仮想通貨!カナダの町で固定資産税をビットコイン払い可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨での納税が出来る地域が増えていっています!

仮想通貨の実用性が更に高まっていきますね。

 

カナダのリッチモンドヒル市で固定資産税を仮想通貨払い

カナダの仮想通貨取引事業を営むCoinberry(コインベリー)は、

固定資産税のビットコイン(BTC)支払いを可能にさせる為、

グレータートロント地域のリッチモンドヒル市と交渉を開始しました。

 

取引事業者側からリッチモンドヒル市に対し、

仮想通貨の実用性、利便性を伝えています。

リッチモンドヒル市がその両方を認める事により固定資産税を仮想通貨で支払う事が可能となります。

 

9月30日までに固定資産税のみならず、

他の税金に対する支払いサービスも対応出来るか検討をするとの事です。

現在は取引に使用される事が多い仮想通貨ですが、

シンガポールを含む様々な国、地域では仮想通貨の実用性を高めようとする動きが活発になっています。

【関連記事:仮想通貨で免税!?ビットコインに携わる人がシンガポールに注目する理由は?

 

ミレニアル世代からの需要拡大か

仮想通貨等で税金、その他サービスの支払いが可能になっていく流れは

「ミレニアム世代から支持される」とカナダの自治体副市長 Joe Di Paola氏が語っています。

私達は、仮想通貨支払いオプションの需要が、

今後、数年間かけてミレニアル世代の間で成長すると考えています。

私達はコインベリーが既に他の町で仮想通貨支払いオプションを実現させており、

同様のオプションを他の町にコストもリスクもなく導入出来る点を評価しました。

それが私たちにとって仮想通貨での支払いを認める大きな理由です。

米国オハイオ州でも納税の手段として仮想通貨が採用されており

ビットコイン(BTC)で23種類もの税金を支払う事が可能になります。

 

ミレニアル世代

ミレニアル世代】2000年代に社会人あるいは成人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多い。

 

仮想通貨を使用した納税をする際の流れとして、

納税者→仮想通貨取引事業者(法定通貨に変換)→国

という流れで納税代行をしてくれています。

 

税金という国と国民の間に切っても切れない繋がりを

より円滑にする為の潤滑油として、

仮想通貨の活躍が今後も期待されます。

 

法定通貨の安定性を脅かす程の浸透率?仮想通貨の現在。

以前までは納税や支払いの多くは現地の法定通貨で行われていました。

しかし、今は世界中で仮想通貨という新たな形の通貨が人々に浸透し始めており、

テレビなどでも仮想通貨という単語を見かける機会が増えてきています。

 

多くの人に「仮想通貨」という存在が浸透している事を裏付けるかのように、

米国トランプ大統領が仮想通貨に対して以下のような否定的な態度を取っています。

トランプ大統領「私はビットコインやその他仮想通貨のファンではない。

どちらも”お金”とは呼べず、値動きも激しく、その値動きも根拠が薄い。

規制もない状況下では仮想通貨が薬物や違法な取引に使われてしまう。」

というように語っています。

仮想通貨74%米ドルで購入されており、

トランプ大統領は選挙の前に国民の支持を得る為、

仮想通貨の価格ではなく”米ドル”による株価の価格を上昇を狙っています。

今後も大統領として君臨し続ける為、

今は仮想通貨に対して冷たい態度を取る必要性があるのかもしれません。

 

この発言や背景、

そして強大な国の大統領注意をし、

発言を強いられているという事が、

仮想通貨が世界中で浸透しているという裏付けになるのではないでしょうか?

 

まとめ

米国のオハイオ州を始めとした仮想通貨での納税。

仮想通貨が取引としての物だけではなく、

実用性を重視する動きが増えてきている証拠でもあります。

 

そして実用性が高まるにつれて、

仮想通貨を知らない人達「仮想通貨」という存在が広まっていきます。

既に仮想通貨業界に関わっている人や、

これから関わる人にとっては非常にいい流れと言えるのではないでしょうか?

 

今後も仮想通貨の話題に注目です!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加