ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

2019年 8月 の投稿一覧

JCBがブロックチェーン企業と提携!コミュニティ限定トークン開発へ?

JCB カウリー 提携

8月30日にクレジットカードなどを扱う大手決済サービスのJCBが、ブロックチェーンの総合ビジネスを手がけるカウリーとの提携開始を発表しました。地域通貨などのトークンエコノミー活用などを目的としており、新しい決済手段の浸透などが期待されます。

要点

・JCBとカウリーがトークンエコノミー活用等を目的に業務提携を発表。
クレジットカード大手のJCBがブロックチェーン企業のカウリーと業務提携を開始。提携内容の詳細と社会的な効果などを解説します。

 

JCBとカウリーの提携内容は?

クレジットカード大手のJCBのブロックチェーンビジネス進出に驚いた人もいるでしょう。提携先であるカウリーの情報も交え、今回の提携内容を紹介します。

 

カウリーとは?

カウリーは2017年9月13日に設立された東京都渋谷区代々木を拠点とする企業です。

ビットコインの取引履歴などを記録するデータ技術であるブロックチェーンの発展を目指し、総合的な事業を展開しています。

2018年11月にカウリー独自開発によるブロックチェーンシステムの特許を出願したほか、レストランや喫茶店の営業用に仮想通貨決済・管理アプリを提供するなどの実績があります。

このようにカウリーは、ブロックチェーンの社会的実用性のレベルアップを目指し、精力的に活動を重ねています。

 

JCBがブロックチェーンビジネスに乗り出した

クレジットカードのイメージが強いJCBがブロックチェーンビジネスに乗り出したことは、金融業界に思いがけない発展をもたらす可能性があります。

今回の提携目的は、「トークンエコノミー」の流通です。これは日本などの法定通貨に代わって使われる決済手段の経済圏であり、仮想通貨がその代表例です。

すなわちJCBとカウリーの狙いは、仮想通貨などのトークンによる決済システムを独自に開発し流通させることでしょう。

 

地域限定のトークンを流通させる?

今回の提携では、トークンエコノミーに対する特定の地域やコミュニティの需要調査も見据えているとされます。

これはただビットコインなどのメジャーな仮想通貨が使える場所を増やすことではないようです。

市区町村や都道府県という地域レベルや、You TubeやAmazonなどのようなサイトレベルに限定したトークンを流通させることで、地域やコミュニティの活性化を目指していると考えられます。

 

限定トークンエコノミーのメリットは?

日本円をビットコインではなく、特定の地域やコミュニティ限定のトークンエコノミーに置き換えて使用することで生まれるメリットは主に2つあります。

1つ目は従来の仮想通貨のように、価格変動の影響を抑えられることです。

仮想通貨はチャートなどの情報を見ればわかるように、ほかの金融商品と比べて変動性を意味するボラティリティが高いです。

これから仮想通貨で食事代を払おうというときに暴落したせいで、多くを決済に費やすことになることも考えられます。

しかし独自のトークンエコノミーを使うことで、本来の仮想通貨の価格変動に左右されるリスクをある程度抑制できる可能性があります。

2つ目は地域やコミュニティの活性化です。

以上のような特定の場所で独自トークンが流通すれば、新しいアイデンティティが芽生えて盛り上がるでしょう。

独自トークンの支払い用途や稼ぎにつながる活動パターンなどを提示すれば、地域やコミュニティに関係する人に新しい生き方も提供することになります。

 

まとめ

JCBとカウリーは、地域やコミュニティ単位のトークンエコノミー流通を見据え、調査やシステム開発を目的に業務提携を開始しました。

この活動が発展すれば、新しいブロックチェーンのあり方が我々の生活圏に芽生えるでしょう。

独自のトークンエコノミーが浸透することで、地方の活性化につながったり、新しいインターネットコミュニティのあり方も生まれるでしょう。

今後のJCBとカウリーの活躍が期待されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインはここから反発できるか?128日移動平均線の重要性を考察!

ビットコインは現在、100万円近辺で価格が反発。

直近の価格動向に関して、アナリスト、ウィリー・ウー氏の指摘を参考にしながら考察しました。

要点

・ビットコインは128日移動平均線で反発できるか
ウー氏いわく、ビットコインは現在、128日移動平均線でサポートされているとのこと。強気の相場の調整ではむしろ良い兆候とのことなので、ここから価格が反発できるか注目でしょう。

 ビットコインは128日移動平均線がサポートに

今週、弱気相場が続いたビットコインは29日、30日ともに一時100万円をわりこむ場面も。

市場とメディアのセンチメントも弱気に傾いているように見えますが、18年相場を的中させた有力アナリスト、ウィリー・ウー氏は現在が「絶好の買い時」と指摘しています。

ビットコイン円 日足

上記はビットコインの日足チャートに128日移動平均線を表示させたもの。

同氏が指摘するように、現在はかろうじてそのサポートに支えられているかたち。

また、128移動平均線だけではなく、98万円から現在の100万円近辺は多くのサポートがあるテクニカル的に重要なレベルになります。

そのため、ビットコインは今後現在の価格から反発できるか注目でしょう。

仮にこのまま下げ渋るようであれば、底値でショートがたまり反発する可能性も、ここからさらに下がるようであれば、ビットコインの調整はもう少し長期的なものになるかもしれません。

 

価格下落は強気相場における「調整」なのか

ウー氏が128日移動平均線を支持する理由として、多くの強気相場において、128日移動平均線にタッチするのは、相場の過熱感がとれていることを表しているとのこと。

「絶好の買い時」?18年相場を的中させたウィリー・ウー氏が指摘!

4月から6月にかけて、ビットコインの価格は急上昇しましたが、同氏にとれば現在は一定の過熱感がとれむしろ良好な状態のようです。

それを踏まえて、同氏は現在の価格が「買い時」と指摘。

あくまでウー氏の指摘は参考適度にとどめておきたいですが、現在の価格がテクニカル的に重要なレベルにいることは間違いないので、下落・反発両方のシナリオを考慮しつつ引き続き価格動向に注目したい場面であります。

 

まとめ

ビットコインは今週、軟調な展開が続いており、29日、30日には価格が一時100万円近辺まで下落。

18年相場を的中させたウィリー・ウー氏によれば、現在は128日移動平均線のサポートを受けているとのこと。

また、現在の価格は128日移動平均線だけではなく、テクニカル的に多くのサポートがある重要なレベルとなっています。

それを踏まえると、引き続きビットコインはここから反発するか・より下落するかの局面にいるということができるので、引き続き価格動向は注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【悲報】ベンツが買えた位仮想通貨リップルで資金を溶かしている方をご覧下さい・・・     

No tags for this post.

8月の仮想通貨市場は軒並み下落相場だった!その原因は?

8月下旬にビットコインが終値100万円割れの危機を迎えていることをお知らせしました。

しかし実際はビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなど、多くの人気仮想通貨が8月は下落相場になっていたのです。

仮想通貨市場に何が起きているのでしょうか。

要点

・2019年8月、仮想通貨が下落ラッシュに
ビットコイン、 イーサリアム、リップルなど多くの仮想通貨が2019年8月に下落を迎えています。市場に起きている背景を探ります。

 

仮想通貨が下落ラッシュを迎えた夏

2019年8月、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど様々な人気仮想通貨が軒並み下落を迎えました。

まずビットコインは1日に109万8693円から始まり、6日に130万9817円の高値を記録しながらも、29~30日には2日連続で安値が100万円を割りました。30日の終値は101万8968円であり、1日始値と比べて7.3%減です。

イーサリアムでも2万3808円から始まりながら30日の終値は1万7894円と、24.8%もの急落ぶりです。

リップルは1日に34円から始まり、30日には27円に落ちています。20.6%もの下げ幅を記録しています。2つの主要アルトコインはビットコイン以上の下げ幅を記録しています。

ほかにもビットコインキャッシュ、ライトコイン、イオスなど人気のある仮想通貨が2019年8月では軒並み下落傾向に至っています。

果たして仮想通貨市場に何が起きているのでしょうか。

 

ビットコインの市場動向にアルトコインがつられたか

各銘柄のチャートを見ると、上半期に上昇トレンドが続いた分、7~8月期に反動で下落しているものが多いようです。ビットコインの市場動向に多くのアルトコインが連動したようにも見えます。

ビットコインは2019年2月の始値37万750円から価格上昇を始め、6月に100万円の大台を突破するほどの急上昇を見せました。しかし7~8月にかけては下落傾向になっています。

リップルは2019年、2、5月以外は値下げと全般的に不調ですが、ビットコインキャッシュとイオスは2~5月に値上がりし6月から反動を受けています。

ライトコインは1月から6ヵ月連続で上昇したものの7月から2ヵ月連続で値下がりしています。

大まかな流れで見ると、少なくとも今年はビットコインが上半期に絶好調でありながら、7~8月に入ると夏休みモードに入ったかのように価格が落ち着いていきました。

そのビットコインの景気に多くのアルトコインがつられていると考えられます。

しかしイーサリアムは9月にハードフォークで生まれたイーサリアムクラシックの二次ハードフォークが予定されていたり、イーサリアム自体も10月に「イスタンブール」と称したアップデートを控えています。

リップルでも11月に主催イベント「SWELL」が開催予定です。このようなアルトコイン独自の動向でビットコインと異なる値動きをすることもあります。

仮想通貨市場の大局的な流れだけでなく、目当ての仮想通貨自体の動向を見極めることが投資のポイントです。

 

まとめ

2019年7~8月にビットコインをはじめ多くの銘柄が下落傾向となり、特にビットコインは6月に突破した100万円台を下回る危機を迎えています。

一方のアルトコインもビットコインの価格上昇や反動につられる銘柄が多いようですが、もちろん独自の動きをする可能性もあり、今後を注意深く見守りたいところです。

ビットコインは9月6日にアメリカの仮想通貨取引業であるBakktが先物取引の扱いを開始する予定であり、これが市場にどのような影響を与えるか注目する投資家も多いようです。

9月以降の各銘柄の動向が期待されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米ペンシルベニア大学、仮想通貨やブロックチェーンなど学ぶオンライン教育講座を開設

No tags for this post.

前年比95%減ったのは税率だが、下記3団体が改正を要求していた。

No tags for this post.

ビットコインASIC最大手のBitmainは中国のテンセント(トヨタやコカ・コーラの約4倍の時価総額)とソフトバンクから約150億ドル(1.6兆円)の評価で資金を調達。

【ビットコイン】4時から徐々に上昇するもまた下がってしまう⇒こうなると〇〇としか思えないんだがwww

No tags for this post.

デフレ通貨ビットコインはまだまだ価値が有りそうだ!

No tags for this post.

資産を守るハードウェアウォレットの需要高まる!TREZORが注目されているワケとは?

未だに記憶に新しい2018年1月末に発生した仮想通貨取引所コインチェックのNEM580億円流出事件。

それを続いてZaif、韓国大手取引所ビッサム、Binance等でもハッキングによる流出が発生しています。

オンライン上で仮想通貨を管理している限り、

自分の資産が突然無くなるリスクは必ず付きまといます。

そこで今注目されているのがオフライン上で仮想通貨を保管する事が出来るハードウェアウォレットです!

ホットウォレットとコールドウォレット(ハードウェアウォレット)

仮想通貨を保管する場合、仮想通貨取引所に預けているケースが多数を占めています。

その場合、自身の秘密キー(仮想通貨)はインターネットのオンライン上で管理されています。

ホットウォレット セキュリティ× 利便性〇

ホットウォレットとは、インターネットを介して仮想通貨に関する操作を実行出来るタイプのウォレット。

クラッカーなど不正アクセスの標的になることもありますが、取引所、決済アプリなどの即時送金可能なシステムを利用する場合、

仮想通貨の利便性を維持する為、基本的にホットウォレットとして運用されています。

ホットウォレットのみを利用している場合、通帳と印鑑を両方インターネット上で保管している状態です。

取引所、決済・送金アプリなどのセキュリティ対策を信頼し、

仮想通貨を全て預ける事は通帳と印鑑を他者に任せている状態と言えます。

では、仮想通貨における”通帳と印鑑(秘密キー)”を自分で保管する方法をご存知でしょうか?

それが「コールドウォレット(ハードウェアウォレット)」です。

 

コールドウォレット(ハードウェアウォレット)

コールドウォレット(ハードウェアウォレット) セキュリティ◎利便性×

オンライン上ではなく、オフライン上でハードウェア(USB等)に秘密キーを保存する事が可能です。

ハードウェアウォレットを利用する為には、オフライン上でパソコン等にハードウェアを挿入し、PINコードを入力する事で利用可能になります。

取引所等のハッキング被害の際にも、コールドウォレットは無事だったケースが大半です。

手軽に自分自身でクラッカーからの被害を防ぐ事が出来ます。

簡単にまとめると以下の図になります。

ホットウォレット コールドウォレット
オンラインで管理 オフラインで管理
資産の移動が簡単 資産の移動にひと手間必要
セキュリティが低い セキュリティが非常に高い
ほとんどが無料で利用可能 費用が必要な場合が多い

 

ハードウェアウォレットはTREZORがオススメ!

現在、国内外取引所が完璧に顧客資産を保全するのは現時点では難しいと思われます。

実際にハッキング被害を被っている人が多く居るのが現状です。

その被害を未然に防ぎ、また被害者にならない為にハードウェアウォレットの需要が高まり続けています。

ではどのハードウェアウォレットがいいのでしょうか?

 

当サイトがオススメするのはTREZORのハードウェアウォレットです!

LINE@での取り扱いサポートや、購入前の相談も可能でサポート面も充実しています。

初めて買う場合や、現在使っているハードウェアウォレットに不満がある場合、

日本語ユーザーガイド完備のTREZORが非常にオススメです

 

対応通貨は?

ハードウェアウォレットを購入する際、自身の持っている通貨が対応していない場合がありますが、

TREZORは国内で人気の通貨はほとんど対応しています。

 

TREZORのハードウェアウォレット使用方法

TREZORのハードウェアウォレットなら、接続するだけで使用可能。

手間を省きながらセキュリティを大幅に高める点が非常に高評価です。

復元もリカバリーカードを使用すれば問題ありません。

 

これから仮想通貨の取引を始める方、

仮想通貨を保有しているがハードウェアウォレットを持っていない方、

ハードウェアウォレットを持っているけど使いにくい!と思っている方々にはTREZORがオススメです!

 

TREZORをすぐに購入したい方はこちらから!

 

まとめ

既にハッキング被害に遭われてしまった方も、

まだハッキング被害に遭われていない方も自身が被害者にならないように、

自分自身で対策を講じる必要が出てきています。

 

利用している仮想通貨取引所がハッキングされた場合、

必ずしも補償される訳ではありません。

手軽で使いやすいハードウェアウォレットのTREZORで自分の保有する仮想通貨を守りましょう!

TREZORの購入はこちらから!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【ホリエモン】堀江貴文がオススメする仮想通貨と取引所!仮想通貨-投資-ビジネス-成功哲学【稼ぐ極意】

No tags for this post.

仮想通貨取引所を簡単に選べる?診断ツールが「コイン相場」よりスタート

仮想通貨情報・取引アプリ「コイン相場」は8月30日、取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」のリリースを発表しました。コイン相場から自身の理想である仮想通貨取引所を選ぶための判断基準をチェックできます。

コイン相場が取り扱う取引所診断ツールの内容や考えられる背景を解説します。

 

要点

・コイン相場が取引所診断ツールを開始
仮想通貨情報・取引アプリのコイン相場が8月30日に取引所診断ツールをリリースしました。これにより理想の仮想通貨取引所が選びやすくなったと考えられます。

 

取引所診断ツールの内容は?

コイン相場から取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」がリリースされたことにより、仮想通貨初心者でも理想の取引所選びがしやすくなりました。

これまでの取引所選びでは、知名度やインターネット記事の情報を基準にすることが多かったでしょう。

しかしそれでは、知名度が高くても登録後に使いづらいことがわかったり、情報が偏ったまま取引所を選ぶことで、本当に自分に合ったものを発見できないことが考えられました。

以上のようなことを防ぐためには、コイン相場が展開する取引所診断ツールを利用するといいでしょう。

「ぴったり仮想通貨取引所診断」では、最大5項目を基準に、おすすめの取引所を教えてくれます。仮想通貨の投資経験や投資スタイルなどに関する選択制の質問に答えるだけで、理想の取引所がわかります。

コイン相場が展開する取引所診断ツールは、PCとスマホ両方から利用可能です。これから仮想通貨への参入を考えていたり、投資活動の発展のために2ヶ所目以降の取引所に登録したい場合はぜひ活用してみませんか。

 

背景には取引所の環境変化が考えられる

仮想通貨取引所診断ツールが生まれるようになった背景には、取引所を運営する交換業者を取り巻く環境の変化が考えられます。

2019年8月30日現在、日本国内だけでも仮想通貨取引所は18ヶ所が活動しています。取引所によって使いやすさや手数料、取り扱う仮想通貨の数や種類など様々な要素が異なります。なかには仮想通貨取引所自体の環境が変化したケースもあります。

2019年だけでも仮想通貨取引所に大きな動きが見られています。まず1月11日にコインチェックが金融庁から正式な仮想通貨交換業者として再認可を受けています。

コインチェックは2018年1月にネムなどが流出する大規模なハッキング被害を受け、一度金融庁から認可を取り消されていました。

同年4月のマネックスグループ買収を受け大幅に経営体制を刷新し、セキュリティ強化などの努力をした結果、金融庁から再びのお墨付きをもらったのです。

加えて3月25日には、楽天ウォレットとディーカレットという新規の仮想通貨取引所が金融庁から認可を受けています。

特にディーカレットは伊藤忠商事、JR東日本など19社もの有名会社の出資を受けているなど、仮想通貨取引所史上類を見ないバックグラウンドの強さなどが注目を集めています。

一方で業界を去った交換業者もいます。2019年8月22日をもって、Zaifの元運営者であったテックビューロが廃業を発表しています。

このように仮想通貨交換業者が入れ替わるなか、安心して長く使える取引所を探すためには「ぴったり仮想通貨取引所診断」のようなツールは貴重と考えられます。

Q&Aに正直に答え、おすすめされた仮想通貨取引所を吟味してみましょう。

 

まとめ

コイン相場では現在、「ぴったり仮想通貨取引所診断」というツールが利用できます。

最大5つのQ&Aに答えるだけで、ユーザーに合った取引所をおすすめしてもらえます。

特に2019年は取引所をめぐる動きが大きかったため、これから仮想通貨に参入する人は、以前よりも慎重な判断に基づいた選び方が求められます。

診断結果を参考に、自身にとって使いやすい取引所を探してみましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ほとんど誰もウォッチしていないと思うけど、金鉱株ETF(GDX)が爆裂上昇中!

No tags for this post.