2019年 9月 の投稿一覧

【悲報】ワイの嫁、900万円近い貯金をFXで溶かしてしまうwwwxwwwxwwwxwww

No tags for this post.

ビットコインカジノ初心者はスポーツベットアイオーで1対1の試合に賭けてみよう

ビットコインカジノ初心者は、スポーツの1対1の対戦から慣れてはいかがでしょうか。

近年、世界各国でビットコインカジノが隆盛しています。ルーレットやスロット、スポーツのブックメーカーなど、多くのジャンルでビットコインが賭けられるようになりました。

「スポーツベットアイオー」のようなスポーツの試合結果を予想できるところなら、1対1の試合というシンプルなメニューをターゲットにできておすすめです。

要点

・ビットコインカジノ初心者はスポーツの1対1の試合がおすすめ
1対1の対戦は勝つ方を予想しやすく、ビットコインカジノ初心者には特におすすめです。スポーツベットアイオーを例に解説します。

 

スポーツベットアイオーとは?

スポーツベットアイオーは、オランダ領キュラソー政府の認可のもと運営されており、現在はスポーツベットサイト大手として人気を集めています。

2018年には最優秀ゲームメディアを極める「SBC AWARDS」より、人気急上昇ブックメーカー部門でノミネートされるなど、実績を積み重ねています。

このサイトの独自性はビットコインで試合結果に賭けられることです。ほかにもイーサリアム、ライトコイン、オールスポーツといったアルトコインも投入できます。

もちろん従来のブックメーカーゲーム同様、日本円、米ドル、ユーロと3種類の法定通貨でもプレイできます

仮想通貨を使うことで法定通貨よりも早く配当を引き出すことができ、その時間は平均2分程度とされています。ちなみに法定通貨でも約10分で引き出されるそうです。

野球、サッカー、競馬など多くのスポーツをライブ中継で観戦でき、2019年に日本開催されているラグビーワールドカップも全試合視聴できます。

 

ビットコインカジノ初心者は1対1の対戦から始めよう

初めてビットコインに参入する人は、スポーツベットアイオーを選び、対戦系の試合に注目してはいかがでしょうか。

スポーツは大きくわかれて2つのジャンルがあります。1対1を原則とした対戦系、複数の参加者が集まり1番を決める競争系があります。

このうち野球、サッカー、ラグビー、バレーボール、総合格闘技などは1対1で向かい合って戦う対戦系に分類されます。

競馬や陸上競技などのように複数の参加者がゴールを目指して1番を競うものは競争系にあたります。

どちらが予想しやすいかといえば、対戦系でしょう。

競技によっては引き分けの可能性もありますが、勝利する側を予想して当たる確率は原則50%だからです。

対戦系なら賭け対象が2つしかなく、引き分けを含めても3つしか選択肢はありません。それぞれの選手やチームの情報を限られた時間で精査しやすいのもポイントです。

選択肢が多い競争系よりもオッズが低くなりやすいリスクはありますが、その分予想しやすく、上手くいけば連勝も重ねられるでしょう。

以上から初心者は対戦系のスポーツから予想していき、慣れてきたり資金に余裕ができたら競争系に移るとよいでしょう。

 

スポーツベットは余裕資産だけで長く楽しむことが大切

スポーツベットは賭け対象の選び方だけでなく、資金管理も重要です。

当然ですがスポーツベットもギャンブルなので、当たれば配当金がもらえ、負ければ賭けた分は全額没収です。

スポーツベットアイオーでは限られた期間での損失額が大きすぎるなどのケースだと依存症の疑いがあるとして、今後の参加を打ち切られる可能性もあります。

ビットコイン自体、24時間365日常に価格変動しているため、投資の段階から損失しても生活に支障がないように余裕資産での運用が重要です。

保有しているビットコインや日本円などを全て賭けようと思わず、半分程度をビットコインカジノに送り、残りは別の用途に取っておきましょう。

ビットコインカジノ内の資金も早い段階で全滅しないように1ヵ月、1年などのスパンで配分することが大切です。

スポーツベットを長く楽しむには、ビットコインの管理に気をつけましょう

 

まとめ

ビットコインカジノ初心者は、スポーツベットアイオーに加入したら、まずは1対1の対戦系に賭けてみましょう。対象が限られていて当てやすいからです。

カジノに投入する資金は生活に影響が出ない余裕資産だけで楽しむよう心がけましょう。

適切な資金管理と、確実に当たりやすくするための攻略法が、スポーツベットを楽しむポイントです。

 

Sportsbet.io公式サイト

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社がアイスランドの仮想通貨事業買収、新拠点設置へ。順調に事業拡大中

30日、リップル社がアイスランドを拠点とする仮想通貨取引事業である「アルグリム」の買収を発表しました。

これを機に、リップルはアイスランドへの拠点拡大も発表しています。

今回の買収内容の詳細とリップルの狙い、これまでリップルが行ってきた主な事業拡大を解説します。

要点

・リップルがアイスランドの仮想通貨事業を買収し、同国に拠点拡大
アイスランドに新たな拠点を設け、事業拡大を狙うリップル。その狙いや背景を考察します。

 

リップルがアイスランドの仮想通貨事業買収、拠点拡大の狙いは

30日にリップル社はアイスランドで仮想通貨取引事業を展開する「アルグリム」という企業買収を発表しました。

アルグリム社はリップルを構成するシステムのひとつであるODL(オン・デマンド・リクイディティ)開発に関わっています。これがリップルによる安い手数料かつ短時間で完結させる二国間送金に重要な要素となります。

リップル社は元々アメリカを拠点に活動していましたが、今回の買収でアイスランドにも新たな拠点を設けると発表しています。

リップルの構成要素を知り尽くした企業と同じ国に新しく拠点を作ることで、送金システム開発をめぐるコミュニケーションを円滑にする狙いが考えられます。

これによりリップル独自の送金システムやネットワーク発展の準備がしやすくなり、世界的な理解度を一日でも早く高められることが望まれます。

リップル社は自社肝いりプロジェクトである高速送金システムの発展のため、アルグリムのような企業との提携が不可欠と感じたのでしょう。

 

これまでの主なリップルの事業拡大を振り返る

今回アイスランドに新拠点を作ると発表したリップル社は、最近も様々な企業と提携するなど事業拡大を展開しています。特筆すべきものをまとめます。

 

リアルタイム決済ネットワーク企業「ロゴス」買収

9月28日、リップル社の投資部門であるxPringが「ロゴスネットワーク」の買収を発表しました。

ロゴスネットワークはリアルタイム決済プラットフォーム「ロゴス」の開発会社です。こちらの買収劇はリップル社によるオリジナル金融商品開発プログラムが背景にあると考えられます。

リップル社は現在、Bakktがビットコインで行っているような先物取引、仮想通貨ローン、リップル版デリバティブと呼ばれる関連金融商品などの開発に尽力しているとCoindeskなどに報じられています。

 

UAEの国立銀行がRippleNet加入へ

UAE(アラブ首長国連邦)のフジャイラ国立銀行が、リップル独自の国際送金ネットワーク「RippleNet」に加入を発表しました。海外送金事業活性化のためにリップルの年内導入を目指しているとのことです。

リップルの送金システムはローコストかつ高速で取引できる特徴があり、その魅力にフジャイラ国立銀行が注目したのでしょう。

9月9日に地元ビジネス誌「Entrepreneur Middle East」で報じられ、以下のツイートにまとめられています。ツイート内の「NBF」が「National Bank of Fujairah」、つまりフジャイラ国立銀行を指しています。

https://twitter.com/stuart_xrp/status/1176158795002761216?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1176158795002761216&ref_url=https%3A%2F%2Fcrypto.watch.impress.co.jp%2Fdocs%2Fnews%2F1208616.html

 

世界的送金会社マネーグラムとの資本契約

6月17日にリップル社は、世界的に有名な送金ネットワークシステムを展開するマネーグラムとの提携を発表しています。

この前の2018年1月からマネーグラムはリップル社が展開する国際送金システム「xRapid」活用を表明しましたが、このタイミングで本格的な提携開始となりました。

マネーグラムも200以上の国を対象に銀行口座やモバイルウォレットを使った高速送金システムを展開しており、xRapid利用でさらなる高速化が望まれます。

送金システムの世界的な高速化を狙うリップル社の本気度がうかがわれるニュースとして、今も覚えている人は多いでしょう。

 

まとめ

リップルは9月30日にアイスランド進出を発表し、同国の仮想通貨トレーディング企業買収を発表しました。

これにより、仮想通貨としてのリップルだけでなく、同社肝いりの送金ビジネス発展のためコミュニケーションしやすい環境を構築していくでしょう。

リップル社はこれまでもマネーグラムをはじめ、様々な企業と提携を発表しています。先日はリップル版の金融商品開発着手も報じられ、本サイトでも詳細内容を紹介しています。

今後もリップル社は世界をまたにかけて積極的に活動していくとみられ、その動向が注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所マウントゴックス元社長のカルプレス氏、ブロックチェーン開発企業のCTOに就任

No tags for this post.

ウズベキスタン政府、仮想通貨マイニングの電気料金を3倍に

No tags for this post.

仮想通貨ニュースサイトの話題の記事 Bakktを名乗るフィッシングブログが登場…注意必要

No tags for this post.

フェイスブックの仮想通貨リブラ「EUの規制当局と協議中」=協会幹部が明かす 国連SDGsに役立つとも

No tags for this post.

リップルが金融商品ビジネスに乗り出した?先物取引やローン開発中の知らせ

現在リップル社において、投資部門であるXpringが先物取引やローンなどの金融商品を新たに開発しているCoindeskが報じています。

安い手数料による高速送金やそれを生かした金融ネットワーク構築などで多くの仮想通貨ユーザーや金融関係者から人気を集めていたリップル。

今回の報道が真実なら、リップル社は新たな展開へ踏み出したことになります。その詳細を解説します。

要点

・リップル社が金融商品開発に乗り出す
高速送金や独自の金融ネットワークなどで人気のリップル社が金融商品の自社開発に乗り出しました。開発される商品の種類や詳細を述べます。

 

リップルが開発する金融商品とは

今回リップル社が新たに開発する金融商品は、先物取引、ローン、金融派生商品の3種類です。

 

先物取引

先物取引とは、将来の売買を予約し、定められた期日に実際に決められた内容で取引することです。

取引時点では、すでに内容が決まっており、実際の市場価格よりも確実に安く買ったり、高く売ったりできて、多くの投資家を出し抜き利益を得られる可能性があります。

仮想通貨の先物取引はすでにBakktがビットコインで展開しています

Bakktはニューヨーク証券取引所と同じICE(インターコンチネンタル取引所)の子会社である金融事業として活動しています。9月23日にビットコインの先物取引が開始されました。

9月23日に本格開始した同サービスは、初日に71万米ドル(約7700万円)の取引額を記録し、今後の動向が期待されています。

これまでアルトコインの先物取引では特筆すべきものは見られませんが、リップルはアルトコインとして先物取引の先陣を切るのでしょうか。

 

ローン

ここでのローンは仮想通貨を担保にしたローンサービスを意味し、リップル社でXRPを担保にローンを行う事業になるようです。

リップルのような仮想通貨を担保に入れれば、現金だけでなくほかの銘柄である通貨を借りられるケースもあります。

従来のローンサービスとは違い、仮想通貨ローンでは信用力調査を設けていないケースが多く、誰でも必要なときに借りられるのが通例になっているようです。

仮想通貨ローンの代表例には、世界200カ国以上で事業展開する「Nexo」が挙げられます

 

金融派生商品

金融派生商品とは「デリバティブ」とも呼ばれます。ここではリップルの市場価格を基準に独自の価値を打ち出す金融商品を意味します。

すでにビットコインではデリバティブ取引が活発になっており、2019年5月には同様の取引が過去最高を更新したことが明らかになっています。

以下はDiarが該当する発表に添えたグラフです。

ビットコインの金融派生商品がこれだけ盛況であれば、アルトコイン版の誕生も時間の問題でしょう。その先陣を切るのがリップルになるのでしょうか。

 

ビットコインとの差別化が新金融商品で発揮され人気の可能性

リップルにはビットコインには見られない独自の魅力が凝縮されており、新しい金融商品でもそれらが遺憾なく発揮され、リップル自体の将来性を高める可能性が高いです。

ビットコインなど従来の仮想通貨とは違い、リップルはリップル社が管理を一手に受けているため、今後開発された金融商品も会社側の目が行き届きやすいです。

リップル社のこれまでの信頼性を考えれば、トラブル防止のカギになるでしょう。

リップルはローコストで高速送金できるのがウリなので、先物取引やローンなど新しい金融商品でもスムーズに取引しやすくなり、流動性が活発になる可能性は高いです

以上のことから、ビットコインとはまた違った魅力的な先物取引やローン、デリバティブを展開してくれるでしょう。金融商品としてもリップルは将来性が高いと考えられます。

 

まとめ

リップル社は今後先物取引やローンなど新しい金融商品の開発に取り組むようです。これが本格化すれば、ビットコインで展開されてきたビジネスとは違った魅力的な金融商品が世に出ることになります。

ビットコインとは管理システムが違い、ローコストで高速送金できるリップルなら、関連する金融商品でも独自の存在感を発揮できそうです。

多くのリップラーを納得させる金融商品の誕生が望まれるところです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【9/30】今週の仮想通貨市場はどうなる?200日移動平均線の突破が最優先事項か

先週、仮想通貨市場は大きく下落しましたが、週末はやや反発する場面もみられました。

今週の仮想通貨市場の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・200日移動平均線
200日移動平均線は最もポピュラーであり重要な指標。中長期的なトレンドを知る上で用いられる。ビットコインは暴落で200日移動平均線を下回ったため、今後突破に注目でしょう。

ビットコインは200日移動平均線の突破に注目

ビットコインは先週、暴落したことにより200日移動平均線を下回りました。

ビットコイン円 日足 2018年11月

上記のチャートはビットコインの昨年からの日足チャート。

200日移動平均線は中長期的なトレンドを知る上で用いられるテクニカルですが、今年の4月に突破成功で上昇トレンドに転換。

しかし、先週の暴落により再び200日移動平均線を下回ってしまいました。

週明けはまだ200日移動平均線の近くで価格が推移しているので、今週はその突破が注目となりそうです。

月曜日時点では90万円きんぺんに平均線が位置しているので、ここを突破すればセンチメントが上向きになるでしょう。

反対に、今週200日移動平均線を突破できなければ、さらなる下値リスク拡大の可能性もあります。

 

センチメント回復には材料が必要か

ただ、上記で述べた通り、チャート形状だけをみるとかなり弱気の形状をしており、そのため投資家のセンチメントは悪いといえるでしょう。

それに加えて、現在はそのセンチメントを回復するような材料が不足していることも挙げられます。

今週、突発的に上昇する場面があれば話は別ですが、基本的には上昇につながる新しいトピック・材料も注目したいところです。

直近では落ち着きをみせている金融市場ですが、トランプ大統領の動向含め、依然不安定な状況は継続。

ダウが大きく動けば、ビットコインの値動きに影響する可能性があるので、既存の金融市場の動向も引き続き注目です。

 

まとめ

週末、やや反発をみせたビットコインですが、200日移動平均線が位置する90万円の突破に苦戦。

200日移動平均線は中長期的なトレンドをはかる上で重要な指標であり、引き続き突破が注目となりそうです。

材料に関しては、直近でBakktも消化したため、上昇するには何か新しいものが必要となりそう。

金融市場の動向は最近落ち着いていますが、ダウが大きく動けばビットコインの値動きに影響する可能性もあるので、引き続き世界の経済情勢には注目です。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イランが今週にも独自仮想通貨を発表か=アルジャジーラが報道 | 米国の経済制裁やSWIFT回避への布石か

No tags for this post.

「CFTCがえこひいきした」レジャーXが仮想通貨先物の承認で不満

No tags for this post.

今の仮想通貨(暗号通貨)は耐えられない|量子コンピューターへの準備

No tags for this post.