2019年 10月 の投稿一覧

ブロックチェーン業界、従業員の半数は仮想通貨取引所に勤務

No tags for this post.

▶︎ジャスティン・ビーバー、インスタ上でXRP掲載

No tags for this post.

ビットコインで公共交通機関の支払いができるときが来る?すでに実証例も

ビットコインをはじめ仮想通貨で店舗やネットショップなどでの代金決済ができることを知る人は多いでしょう。しかし、世界では日本も含め、バスやタクシー、電車など公共交通機関の運賃を仮想通貨で決済可能にする動きも見られ、これを知る人はまだ少ないと考えられます。

本記事では仮想通貨で公共交通機関の代金が決済できる例を2つ紹介します。Suicaのように誰もが知るものにも仮想通貨導入が検討されています。

該当例は段々増えているので、これを読んで仮想通貨を取り扱う公共交通機関を利用したときに備えましょう。

 

要点

・仮想通貨でバス、タクシーなどの運賃が決済できる例がある
ビットコインなど仮想通貨を使ってバスやタクシーなど公共交通機関の代金を決済できる例が増えています。

 

実例1: ブラジルでバス乗車券に仮想通貨決済導入

ブラジルでは、同国の有名バス会社であるGBSグループが運行する「Brasil Sul」と「ViaçãoGarcia」でビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインを使ったオンラインチケット決済を開始しています。

該当サービスは2018年6月6日からまずビットコインで先行スタートしており、7月からビットコインキャッシュ、ライトコインでの決済も開始しているとのことです。

また、ブラジルではセアラー州フォルタレザでも、2019年中にバス乗車運賃のビットコイン決済開始を目指しているようです報道はコインテレグラフ・ブラジルが7月25日に行っています。

地元の交通機関会社「Cootraps」の主導でプロジェクトが進められており、発券システム使用によるコスト削減が目的とのことです。

同国での仮想通貨の浸透が急速になっていることがうかがわれます。

 

実例2: 日本でも空港関連タクシーの運賃をビットコインで

日本でも東京都にある「LEXUS個人タクシー」に加入している「永田タクシー」が2018年4月からビットコイン決済を行っています。

永田タクシーは成田空港や羽田空港、ゴルフ場関係の送迎に加え、観光、貸切などに利用される個人タクシーです。このうち、成田空港の送迎に日本円で2万円以上かかる場合をビットコイン決済の対象としています。

24時間365日予約を受け付けているとのことで、海外帰りなどでも時間を問わず気軽に利用できるのがポイントでしょう。

2018年11月には、ビットポイントが日の丸リムジンと提携し、羽田・成田各空港と23区内を結ぶ送迎を対象に、仮想通貨決済の実証実験を2ヵ月間行っています。

日本でも仮想通貨と公共交通機関の結びつきが進んでいる証拠です。

 

Suicaにも仮想通貨をチャージできる?

JR東日本発行の電子マネーカード「Suica」にも仮想通貨チャージが始まる可能性があります。

同社は2019年3月25日に金融庁より仮想通貨交換業者認定を受けた「ディーカレット」立ち上げに出資した大手19社のうちの1社として話題となっています。

間もなく同月27日に、JR東日本の時田一広社長が記者会見でSuicaへの仮想通貨導入開始を検討していることを認めました。

この日にJR東日本はスマートフォンアプリを配信開始しており、これがSuicaの仮想通貨導入開始の布石と考える人も多いようです。

まだ正式に仮想通貨をSuicaにチャージできると決まったわけではありませんが、Suicaを持っている仮想通貨ユーザーは今後のJR東日本の今後の動向に注目しているでしょう。

 

まとめ

ビットコインをはじめ仮想通貨で公共交通機関の代金を決済する動きが高まっています。ブラジルでのバスチケット、日本での羽田・成田各空港が関係する送迎タクシーでのビットコイン決済が代表例です。加えて電車賃などを決済する電子マネーカード「Suica」にも仮想通貨が導入される可能性があります。

仮想通貨の浸透ぶりのすごさは、公共交通業界でも例外ではなさそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【暗号資産】仮想通貨 ビットコイン、半日で4割急騰 習近平氏の発言「ブロックチェーン標準化の研究に力を入れ」で買い殺到?

1: チンしたモヤシ ★ 2019/10/27(日) 02:50:52.71 ID:W9YDyf779
ビットコイン、半日で4割急騰 習氏の発言で買い殺到?
朝日 北京=福田直之 2019年10月26日15時57分
https://www.asahi.com/articles/ASMBV4JSXMBVUHBI012.html

中国の習近平(シーチンピン)国家主席=ロイター
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20191026001709_comm.jpg

 代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が25日夜から上昇し、26日午前までの15時間あまりで4割も急騰した。
暗号資産の取引を禁じる中国で、習近平(シーチンピン)国家主席が暗号資産の根幹技術の推進に言及したことが買いを誘ったのでは、と話題を呼んでいる。

 7400ドル(約80万円)台で低迷していたビットコインの価格は日本時間25日午後7時半ごろから上がり始め、26日午前11時前には一時、1万ドルの大台を突破した。
午後2時時点では9600ドル台で取引されている。

 相場が上向く直前に流れたのが、習氏が24日に開かれた中国共産党の勉強会で、ビットコインの根幹技術「ブロックチェーン」に言及したことを伝える国営新華社通信の記事だった。
それによると、習氏は「ブロックチェーン標準化の研究に力を入れ、国際的な発言権とルール制定権を高めなければならない」と語ったという。

 中国は2017年に国内でビットコインなど暗号資産の取引を禁じているが、ブロックチェーンについては積極的に活用する方針で、社会インフラへの活用などが進められている。(北京=福田直之)


関連
【仮想通貨】ビットコイン、急落 グーグルの量子コンピューター警戒…暗号化技術解読の可能性
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571850685/
【ビットコイン】7500ドル割れ 量子コンピューター警戒
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571861092/
中国政府が「ビットコイン撤退」を決めた深い理由 現代ビジネス 2018/01/16
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54139

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572112252/1a695554da5d99bd6b95b4adbae21b60_s

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】中国で「暗号法」成立。「暗号技術」の実用化全面支援

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/28(月) 13:01:47.93 ID:CAP_USER
中国の全国人民代表大会常務委員会は10月26日午後、暗号の応用や管理のルールを定め、暗号ビジネスの発展やインターネットセキュリティを保障することを目的とした「暗号法」を可決した。2020年1月1日に施行される。

習近平国家主席が25日にブロックチェーン技術の発展を後押しする発言をしたことに続き、暗号法の可決は、中国ブロックチェーンの強力なカンフル剤として注目されている。暗号法の草案は6月に公表され、法案の成立が確実となった10月以降、ブロックチェーン関連株の上昇が目立っていた。

暗号法は全44条からなり、暗号の定義や政府が管理する暗号の種類、違法行為への罰則などを定めている。9条では「政府は暗号科学技術の研究と実用化を支援し、暗号分野の知的財産権を保護することで、暗号科学技術の進歩とイノベーションを促進する」と定めたほか、暗号分野の人材育成やチーム構築を強化するため、突出した貢献を見せた組織や人物を表彰したりボーナスを支給する制度も整備すると明記している。

中国は仮想通貨の取引やICOを全面禁止しているが、ブロックチェーンは中国のイノベーションを進める次世代技術として、人工知能(AI)やビッグデータなどと同列に位置付けている。

公共サービスにブロックチェーンを導入し、効率化を高めようとする地方政府も増えている。

中国知財メディアのIPRdailyによると2019年前半、ブロックチェーン関連の特許申請件数が世界で最も多かった企業は、中国EC最大手のアリババで、2番目に多かったのも中国企業の中国平安だった。

アリババ前会長のジャック・マー(馬雲)氏は2018年、「ビットコインはバブルだが、ブロックチェーンはバブルではない。ビットコインはブロックチェーンの応用の一例にすぎない。ブロックチェーンは一夜にして富を実現する金鉱のような存在ではない。社会問題を解決する技術だ」と発言している。
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1215018.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1572235307/fc5229504047e29c75f365fb1f4709cb_s

続きを読む No tags for this post.

DDoS攻撃を示唆し仮想通貨を要求する脅迫メールに注意喚起

No tags for this post.

中国の広州政府 「仮想通貨無し」のブロックチェーンに最大1.5億円の助成金

No tags for this post.

【リップル】マネータップ(Money Tap)がPay Payと提携することが決定!普及促進なるか

SBIホールディングスは30日、マネータップ(Money Tap)とPay Payのサービスを提携することを発表しました。

国内でメジャーなキャッシュレス決済になっているPay Payと提携することにより、マネータップの認知向上につながりそうです。

要点

・マネータップ(Money Tap)
マネータップはリップルブロックチェーンを利用したキャッシュレス決済サービス。sBI北尾社長は将来的に、XRPを利用することも発言しています。

 マネータップがPay Payとの提携を発表

参照元:https://www.sbigroup.co.jp/news/2019/1030_11710.html

SBIホールディングスは30日、自社で運用するキャッシュレス決済アプリ「Money Tap」とPay Payの業務提携を発表しました。

今後マネータップでPay Payへのチャージなどが可能になるとのことです。

現時点でPay Payへのチャージはクレジットカードや加盟金融機関から行い、手数料がかかるのがデメリットとも言えますが、マネータップを利用することによりそれを削減できるとのこと。

また、マネータップ側は、今後店頭決済などのサービス拡大に際し、より幅広く事業展開をおこなう予定とのことです。

 

リップル社のブロックチェーンを利用した「マネータップ」

マネータップはリップル社のブロックチェーン技術を応用し、SBIが主導・運営するキャッシュレスアプリです。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

リーリースは昨年の時点でされていますが、現状はまだ提携銀行などが少なく、実質プレリリースのような段階であると言えます。

それは、Money Tapの機能に問題があるというよりかは、国内のキャッシュレス決済普及度や、その他インフラの面でまだ店頭支払いに対応していない店舗が多すぎるというのが現状でしょう。

ただ、SBIもコメントしている通り、将来的には店舗決済のサービスも開始する予定であり、今後Pay Payなどキャッシュレス決済が普及していけば、相乗効果でMoney Tapの認知度も向上するのが期待できます。

その意味で、現在国内のキャッシュレス決済においてメジャーになりつつある「Pay Pay」との提携はMoney Tapにとって大きな一歩となりそうです。

 

まとめ

SBIホールディングスは30日、マネータップ(Money Tap)とPay Payのサービスを提携することを発表。

それによると、今後Money TapでPay Payへチャージが直接可能となり、既存のチャージ方法よりも手数料が削減できるとのこと。

サービスはすぐに始まるわけではなさそうですが、今後キャッシュレス決済が普及していけばMoney Tapの普及も広がる可能性があるので、国内キャッシュレス動向には注目していきたいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

今夜の『チート』本田翼らが仮想通貨詐欺にメス! 作戦は順調に進むとみられたが…

No tags for this post.

音喜多議員が本日14時半頃より、ステーブルコインに対して金融庁・麻生大臣に対して質問されるようです。また、トークン発行のガイドラインなどについても。

No tags for this post.

AIやブロックチェーンなどテクノロジーでどう変わる?–ガートナーが2020年以降を予想

No tags for this post.

【急上昇】5千万円投資した高齢被害者も…ある仮想通貨プロジェクトの非道な手口 現代ビジネス

No tags for this post.

ウィキリークス創業者救うために仮想通貨ビットコイン送金、キム・ドットコムが明かす

No tags for this post.

【急上昇】ロシア企業がビットコインマイニングに参入。国家レベルで争奪戦勃発かwwwwwwwwwww

No tags for this post.