2019年 11月 の投稿一覧

泥棒ドローンを防ぐ特許を取得:IBM、ブロックチェーンを活用

No tags for this post.

仮想通貨急落の要因は中国の「クジラ」だった!?有識者が見解示す!

中国の仮想通貨事情に詳しいドビー・ワン氏は27日、Twitterに最新のポストを投稿。

それによると、仮想通貨詐欺で最大といわれる「プラストークン」が今回の急落に関わっているかもしれないとのことです。

要点

・プラストークン詐欺
プラストークンは18年半ばからウォレットっサービスを装った詐欺。これまでに被害総額は2900億にのぼるともされ、仮想通貨詐欺では史上最大規模となっている。被害にあった資金はまだ回収できていない。

 今回の急落は中国詐欺グループの「クジラ」だった?

https://twitter.com/DoveyWan/status/1199541888300118017

IMO PlusTokenは、4月からYTDまでの強気と弱気の両方の主力です。ここで公開できること1. 2019年2月5日のPlusTokenオンランプが3月と4月2日に大幅に上昇しました。 6/25に.. BTCは1日後にクラッシュしました

仮想通貨データ調査会社Ergoによると、100万円からの一連の下落の要因になったのは中国の詐欺グループ「プラストークン」だったと指摘。

これに関し、中国の仮想通貨事情に詳しいドビー・ワン氏も同意し、それを指摘しました。

プラストークンは18年半ばから始まった詐欺サービスで、被害総額は2900億円とか仮想通貨詐欺では史上最大の規模です。

反抗メンバーの一部は捕まっているものの、被害にあった資金は回収できておらす、残った反抗メンバーが回収したBTCを換金売りしているとの指摘が一部からされています。

また、実際に換金売りされた報告もされており、今年の8月に取引所へ大量のBTCを移動を確認した際は、翌日に大幅に価格が下落したとのこと。

Ergoはこれらを中国の巨大な「クジラ」と呼んでおり、今回の一連の下落もこの詐欺クジラが関与していた可能性が高いとのことです。

 

今後も詐欺クジラの売り圧力に警戒か

また、ドビー・ワン氏によると、今後この詐欺クジラによる売り圧力は最大で2カ月程度続く可能性があるとのこと。

同氏は今年8月の時点でもプラストークンについて言及しており、今年7月に記録したビットコイン140万円の高値以降の下落も、プラストークンの売りが関わっていたと指摘しています。

中国で2000億円相当のBTC詐欺!急落要因の指摘も?

ワン氏の指摘が正しければ、弱気相場はもうしばらく続く可能性があるので、このことを念頭におきつつ相場動向を追っていきたいものです。

 

まとめ

仮想通貨データ調査会社Ergoによると、100万円からの一連の下落の要因になったのは中国の詐欺グループ「プラストークン」だったと指摘。

中国の仮想通貨事情に詳しいドビー・ワン氏もこれに同意しており、今後この売り圧力は最大で2カ月程度続く可能性があるとのことです。

もちろん、これらの指摘が完全に正しいとは限りませんが、正しければ今後最大で2カ月程度上値が重い展開が続く可能性があるので、このことを頭に入れて相場動向を追っていきたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【11/30】ビットコイン86万円まで上昇!今後は「21時」に注目?

先日、安値圏から再び上昇したビットコインですが、29日夜に直近高値を更新しました。

また、この2日の上昇は21時前後に上昇しており、念のため今後注目となるかもしれません。

要点

・仮想通貨市場全面高
11月はしばらく下落の流れが続いていた仮想通貨市場ですが、底値をつけて一旦は反発の展開に。年末へ向けてどう価格が動いていくか注目となりそうです。

 ビットコイン再び高値更新・仮想通貨市場全面高

27日に底値圏から反発したビットコインですが、29日夜に再び価格が上昇。

ビットコインは直近の高値を更新し、アルトコインも連れ高で仮想通貨市場全面高の展開となっています。

ビットコイン円 5分足 27日~

上記チャートはここ3日間の短期的なものですが、チャートをみれば一目瞭然、上昇トレンドに。

既報の通り、まずは90万円前後がいったんの上値メドとなりそうです。

【速報】ビットコイン8万円上昇!90万円までの上昇はあるか

ただ日足でみると、まだ下落途中の反発のレベルなので、完全に安心しないで、価格動向を追っていきたいところ。

ボラティリティー(変動率)も高まっているので、価格動向には慎重でいた方がよいでしょう。

 

「21時」に注目?

27日・29日に大幅上昇したビットコインですが、注目すべきはその時間。

ここ2日は21時前後から価格上昇が起きており、今後数日間、21時前後に価格上昇するかは注目となるかもしれません。

ビットコイン円 5分足 27日~

27日は20時30分ごろ、29日は21時頃にいずれも大きな買いが入っています。

21時といえば、米国市場が始まる時間(冬時間の場合、開始する少し前)なので、もしかすると、米ドル経由で大きな買いが入っている可能性も。

もちろん、今後ずっと21時に価格が上昇するわけではありませんが、直近ではこの動きが続いているので、数日間は注目して、21時前後に価格上昇が起きるか・または別の時間帯に上昇するか注視したい場面です。

 

まとめ

27日夜に底値圏から大幅反発したビットコインですが、29日夜に再び価格が上昇。

それにより、直近高値を更新、アルトコインも連れ高の展開となっており、仮想通貨市場が全面高の展開となっています。

ビットコインに関しては、引き続き上値メドである90万円まで上昇するか注目。

また、27日・29日ともに21時前後に大きな買いが入っているのが確認できるので、数日間は夜の時間に価格が上昇するかも頭の片隅にいれておきても良いかもしれません。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」と仮想通貨取引所コインチェックのコラボキャンペーン実施 –

No tags for this post.

【速報】パロトンCEOの久積篤史が11月27日に麻布警察に逮捕された 容疑は仮想通貨の詐欺ではなく、、、

No tags for this post.

ドイツ、銀行で仮想通貨の保管および販売を許可か 2020年にも

No tags for this post.

【仮想通貨】ビットコイン販売代理会社「ビットマスター」が破産開始決定を受ける 被害者は2万2369人★2 

1: ガーディス ★ 2019/11/27(水) 07:52:45.10 ID:pXPS9qcO9
被害者数は2万2369人 ビットコイン販売代理を展開していた(株)ビットマスター

 (株)ビットマスター(TSR企業コード:940212935、法人番号:8340001004479(記事一部省略)資本金2000万円、西貴義社長)は11月22日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。
 破産管財人には伊藤尚弁護士(記事一部省略)が選任された。
 負債総額は債権者2万2369名に対して約109億4400万円。

 1986年5月に設立、葬儀共済の会員募集などを主要事業としていたが、社名変更を経て業態を暗号資産の販売へと転換、2017年5月に現社名に変更した。
 2019年9月には鹿児島市内の本社事務所で火災が発生、業務遂行が困難となるなどトラブルに見舞われていた。
 こうしたなか「ビットコイン相場が上昇したことにより、会員から預かったものと同数のビットコインの調達が困難となった」として事業継続を断念し、今回の措置となった。
 債権者集会を2020年5月20日14時よりホテルメルパルク東京(東京都港区)で開催予定。

東京商工リサーチ 2019年11月26日 12時15分
https://news.livedoor.com/article/detail/17437330/
前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574744941/

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574808765/1d969e876e90c5e6091f4ef09a787e3a_s

続きを読む No tags for this post.

【急上昇】仮想通貨の急反発材料となるか!Bakktのビットコイン先物は2ヶ月で取引高70倍の急増

No tags for this post.

なんか仮想通貨って完全に投機だけだな

1: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 23:44:14.70 ID:CwDVLvke0
最初期のころは文字通り仮想通貨としての性質が注目されてたっけ

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574952254/df9be5edf6aa52a10c9c8fab02be9a6b_s

続きを読む No tags for this post.