リップルが新たに申し立て、”仮想通貨XRPは証券”集団訴訟を退けるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル社は、XRPを証券登録をしないまま違法に販売したとする集団訴訟を終わらせるべく、再び申し立てを行った。 リップルは、1月7日の公聴会の前に改めてXRPが証券ではないと主張。原告はこの点で間違っているだけでなく、米国証券法が定める3年間の法定責任期間(Statute of repose)を過ぎていると述べた。

ce0d994b65dc9932c4d74a6527dd45ae_s
ce0d994b65dc9932c4d74a6527dd45ae_s


No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加