加仮想通貨取引所QuadrigaCXの巨額損失事件で、債権者は元CEOの検死を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダの法律事務所ミラー・トムソンは警察当局(RCMP)に、閉鎖された仮想取引所QuadrigaCXの元CEO、故Gerald Cotten氏の死亡証明と検死解剖を行うよう要請した。 今回の事件は、ウォレットの秘密鍵とパスワードを管理していた唯一の人物だったCotten氏が2018年12月にインドで急死し、約160億円相当の仮想通貨が引き出せなくなっているものである。 QuadrigaCXは債権者と過去一年に渡って裁判を継続しており、債権者の一部が、Cotten氏は死亡したように見せかけているだけなのではないかと疑っている状況だ。

18744ee838468267630e23d00f537f37_s
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加