フィデリティ、日本でロボアドを検討──2020年、資産運用のデジタル化でミレニアル世代も視野に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用のフィデリティ・インターナショナルは、インターネットで投資診断やアドバイスを行ったり、運用代行を行ったりするロボットアドバイザーなどの日本における導入の検討を開始した。若い世代の投資家が、“デジタル”に資産運用サービスを受けられる仕組みを整えていく方針だ。



1671188
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加