孫社長と銀行の蜜月に変化の兆し、ソフトバンクGの投資手法に疑念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
孫正義社長に向けた銀行の視線が厳しくなりつつある。米ウィーワークなど新興企業投資の失敗が表面化し、10兆円規模のビジョン・ファンドを中心とした孫氏の投資手法に疑問符が付いたからだ。巨額投資を繰り広げる孫氏と金融機関の二人三脚の歩みに変化の兆しが出てきた。

7644fbac572c5e30aa7582b044ffe92a_s
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加