仮想通貨取引、証拠金の2倍まで 金融庁が新ルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金融庁は暗号資産(仮想通貨)の取引を巡り、少額の元手で多額の売買ができる証拠金取引の倍率(レバレッジ)を2倍までとする方針を固めた。これまでは国が定めた明確なルールはなかった。過度な投機や、価格の乱高下による損失リスクを抑える狙いだ。2020年春に施行となる改正金融商品取引法の内閣府令で定める。 レバレッジの上限を2倍と定める案について月内にも意見公募にかけ、今春にも施行する。 No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加