ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

投資の神様バフェット氏、一貫して仮想通貨の価値を否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大の投資持株会者バークシャー・ハサウェイの筆頭株主件CEOであるウォーレン・バフェット氏は、5億円を超えるディナーで仮想通貨業界をリードする四人と意見交換をするも、仮想通貨の価値については依然否定的なスタンスを持っている事が、CNBCのインタビューで明らかになりました。

要点

・バフェット氏は依然仮想通貨の価値を否定する考えを示す
仮想通貨業界をリードする人々と、バフェット氏のディナーには注目が集まっていましたが、バフェット氏の考えが変わることは無かったようです。今回は、バフェット氏の考えや、会食を踏まえてどのような発言を残したか、CNBCの取材を元に解説していきます。

5億のディナーも、意見は変わらず

“Cryptocurrencies basically have no value and they don’t produce anything,”
(仮想通貨は基本価値がなく、何も生み出してはいない。)

以前からバフェット氏は仮想通貨については否定的なスタンスを持っていましたが、24日に行われたCNBCとのインタビューで、依然仮想通貨に対し否定的なスタンスと取っていることを明言しました。

バフェット氏は先月、トロンの創設者ジャスティン・サン氏と、彼が呼んだ仮想通貨業界をリードする4人のゲストと共に食事会を行い、仮想通貨やブロックチェーン、ビジネスや人生について話し合いをしたことから、この食事会を通してバフェット氏の考えに変化があるのか、注目が集まっていました。

トロン創設者、投資の神様ウォーレン・バフェット氏と会食

しかし、今回CNBCによるバフェット氏へのインタビューで、友好的な意見後半はできたものの、ビットコインに関する考えは変わっていない考えを示しました。

“When Justin and four friends came, they behaved perfectly and we had a very friendly 3½-hour dinner and the whole thing was a very friendly exchange of ideas,”

(ジャスティンと4人のゲストは完璧な振る舞いを見せてくれ、3時間半に及ぶディナーでは友好的な意見交換ができました。)

 

仮想通貨を所有してはいないとの発言も

ジャスティン氏はバフェット氏に、ビットコインとトロンをプレゼントしたとTwitterで発言していた。

しかし、CNBCの記者が仮想通貨の保有事実を確認しようとするも、バフェット氏はキッパリと仮想通貨を保有していないと発言しています。

これを受けてジャスティン氏は、バフェット氏との食事会を通して、「人生の素晴らしい教師であり、多くを学んだ」と賛辞を送った上で、バフェット氏にビットコインとトロンの仮想通貨が入った、サムスンのスマートフォンをプレゼントしたことを強調しました。

両者の意見には、食い違いがあるように思えるが、ブロックチェーン自体はいつでも閲覧する事ができます。

 

仮想通貨に関しては否定的だが、ジャスティン氏には感謝

ジャスティン氏は、バフェット氏との食事会権利をおよそ5億円の金額で落札しました。

このお金は、全て寄付に充てられるため、「大量の食事と寝床を確保できるため、ジャスティン氏には感謝している」と話しています。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加