ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【ビットコイン最新ニュース】BTCは将来的に安全な資産避難先となるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Binance00

ビットコイン最新ニュース『今後BTCが安全な資産先になるのか』

今や世界規模の大手仮想通貨取引所となったBinanceは、日本人トレーダー利用者も多く人気がありますよね。

そんなBinanceのCEO(最高責任者)である「CZ氏」が、2020年3月22日、近年揺れ動く仮想通貨に対して自身の考えをウェブ上で発表して話題になっているのをご存じでしょうか。

BinanceのCEO『CZ氏』の見解をいくつかご紹介

ネット上で公表され話題になっているのは、近年の仮想通貨や金融関連の質問に対して、「CZ氏がQ&A形式で答える」形式の内容です。

2020年3月に入り、世界的に拡大しつつあるコロナウィルス感染の影響に対する措置や、その影響を受ける経済状況など、ビットコインをはじめとした仮想通貨相場は非常に大きな影響を受けています。

CZ氏自身は、こうした世界危機的状況を踏まえた上で、今後ビットコインを含む仮想通貨市場がどうなっていくのかという質問に対して「まったく心配はしていない」と回答しているようです。

さらに、ビットコインをはじめ仮想通貨には供給の限界があるため、「設定されている限界以上に通貨を発行する事は誰にもできないから」というのが心配していない理由の一つのようで、需要は現在増加していると付け加えてもいます。

「仮想通貨初心者」対「頑固な仮想通貨信者」という図式

そして、3月にコロナウィルスの影響と思われる「仮想通貨相場大暴落の要因」に関する質問に対しては、CZ氏曰く「それに関わる人が多いため多元的に考える事が必要だ」と答えています。

また、CZ氏はさらに興味深い2つの次元となる「仮想通貨初心者」対「頑固な仮想通貨信者」という図式を提示しました。

2020年3月から4月にかけて、ビットコインをはじめ仮想通貨の知名度は徐々に上がっていますが、まだまだ仮想通貨に触れた事がないけれど興味はあるという人はたくさん居ますよね。

こうした、いわゆる仮想通貨初心者については特に重要視するほどではないが、将来的に見ると潜在的な買い手となる可能性はあるようです。

また、CZ氏は、このような「仮想通貨初心者は、今回起きたような大暴落時のリスクが訪れるとパニックに陥って保有している仮想通貨を売却する」との見解も述べました。

その反面、「頑固な仮想通貨信者」と区別した人たちについては、「自分の資産をほとんど仮想通貨にして法定通貨へ換金する事はめったにない点では重要ではない」と発言しています。

仮想通貨投資における今後のポイント

つまり、仮想通貨投資において、予備資産を十分持っている人は現在の生活水準を変えずに今回のような事態を乗り切る事はできるという事でしょう。

しかし、仮想通貨投資に回している資金を「非常時の資金」と考えている人については、今回のような暴落時には生活費を確保するため仮想通貨を売却してしまう」と回答しているのです。

もちろん、CZ氏曰く、今後の仮想通貨を含めた全世界の経済状況については、コロナウィルスへの対策、人口統計学や心理学などといった重要ポイントとなると述べています。

ビットコイン市場が今後安全な避難先となるのかまとめ

今回いくつかご紹介してきたBinance取引所CEO「CZ氏」の7つの質問に対する回答の中には、今後、仮想通貨市場が他の金融市場からの安全な避難先となる事が可能なのかという質問もありました。

CZ氏は、この質問に対して、「非常に多くの要因が影響してくる。リアル社会で仮想通貨がどのように機能できるのかを考え観察する必要がある」と答えています。

また、「現在の金融システムは壊れている。ビットコインがこれを将来的に修正していくだろう。」とも付け加えており、今後のビットコイン、および仮想通貨市場への期待を膨らませる回答を述べました。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.