【仮想通貨/暗号資産】仮想通貨ビットコイン半減期、世界が意識 関心初動に「日・米・世界で異なる差」 [エリオット★]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/01(金) 12:38:56.02 ID:CAP_USER
ビットコインの価格高騰を受け、BTC半減期への注目度が世界で拡大していることがわかった。

Googleトレンドの推移によると、「bitcoin halving(ビットコイン半減期)」の検索動向が、前回の半減期からグローバル基準で2倍。米国に限定すれば3倍水準、日本では4倍水準まで上昇した。

●グローバル(英語圏)「検索ワード:bitcoin halving」
https://cdn.coinpost.jp/wp-content/uploads/2020/05/world2020-05-01-8.41.54.png

●米国「検索ワード:bitcoin halving」
https://cdn.coinpost.jp/wp-content/uploads/2020/05/us2020-05-01-8.41.35.png

●日本「検索ワード:ビットコイン半減期」
https://cdn.coinpost.jp/wp-content/uploads/2020/05/j2020-05-01-8.53.13.png

□世界、米国、日本で傾向に違いも
検索する言語が異なることや検索数の規模が異なるから、正確な比較とはならないが、ビットコイン半減期の検索で世界、米国、日本で異なる傾向が示された。

共通点は、過去の半減期時より関心度が大きく高まった点。一方で、異なる傾向は、以下の2つのポイントがある。

1. 4年前の半減期時比での検索ボリューム倍率
2. 今回の半減期を意識した時期

倍率については、上述した通りであるが、2016年の半減期時に、日本人の関心度が世界比で低かった可能性もある。

一方で注目したいのが2の「今回の半減期を意識した時期」だ。

半減期について検索数が大きく増加した「初動」について、日本は2019年12月であったのに対し、米国とグローバル(英語圏)では3月中旬に確認された。

このデータは、日本では早くから市場が意識していたことを示すもので、英語圏のユーザーは早期に半減期を材料視していなかった傾向も明らかになった。

価格の高騰や、時期が近づくことが影響して、関心度が高まっていることは、半減期後の期待値を継続させる上でも重要な指標となりそうだ。

□半減期はいつ?
「半減期の正確な時刻がわからない、記事によって半減期の時期が異なる」

こういった声も、半減期が近づくにつれ、多くなってきた。

半減期の実行日時が正確に把握できないのは、ビットコインのブロック数で決定されているためだ。タイミングは21万ブロック(1日あたりの生成ブロック数×365日×4年)ごと。今年は63万ブロックに到達したタイミングで半減期が実行される。

日時はあくまでも実行ブロックまでの残りブロック数を、平均ブロック生成時間の10分で逆算したもので、ブロック生成状況次第で前後する可能性がある。

5月1日9時時点では、628,352ブロック目が生成されている状況で、実行ブロックまで残り1,648ブロック。これを日時換算すると約11日後の12日前後になる予定だ。

ビットコインは、半減期を経て、ブロックリワードが6.25BTCに減額。インフレ率は1.8%に低下を見込む。

05/01 10:06
CoinPost編集部
https://coinpost.jp/?p=148151

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1588304336/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加