ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

北朝鮮のハッキンググループが経済悪化でスキルを高めていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・北朝鮮のハッキング組織Lazarus(ラザルス)が、ハッキングスキルをさらに高めていた事が判明
・Lazarusは、2019年にアメリカ財務量によって制裁対象に加えられています。

 

北朝鮮ハッキンググループのスキルがアップ!

 

先進国に比べて北朝鮮のIT技術は10年も20年も遅れており、IT関連を学んでいる学生たちの使用しているコンピューターも、旧型モデルを使用して学んでいるとみられていました。

ところが、ここ数年は急速にIT技術力を身に付けており、世界でもトップクラスではないかと見る専門家がいるほど、力を付けていることが国連の発表などによって分かっています。

現在の北朝鮮国内の経済状況は、コロナ禍によって低迷しており、今後も仮想通貨を盗むことに焦点を当てていると言われています。

 

韓国の北朝鮮関連ニュースを発信しているDaily NKの報告によると、Lazaruが仮想通貨をハッキングするための取り組みを強化していると指摘しています。

Daily NKはニュースの中で

Analysts say that stealing cryptocurrency could bring enormous profits to a country now completely isolated from the rest of the world following the closure of the Sino-North Korean border in late January due to the COVID-19 pandemic.

(日本語訳)
アナリストは、仮想通貨を盗むことで、COVID-19の大流行により1月末から中国と北朝鮮の国境が閉鎖されたため、他国から完全に孤立した北朝鮮に莫大な利益をもたらす可能性があると述べています。

 

また、LazarusはAPT攻撃を韓国だけでなく、国際的に攻撃を仕掛けており、サイバースパイ活動や外貨を生み出すための活動にも従事していると報じています。

 

以前ご紹介した「韓国の仮想通貨取引所閉鎖騒動と北朝鮮ハッカーの暗躍。今後の規制については?」もご一読ください。

 

Lazarus(ラザルス)とはどんな組織なのか?

 

北朝鮮は2019年8月、国連によって推定20億ドル(約2,100億円)をハッキングなどの不正行為によって資金を入手したと発表されています。

 

Lazarus(※別名:HIDDEN COBRA)は、2019年9月13日にアメリカの財務省が他の2組織と合わせ、経済制裁の対象に加えられたほか、同時期に経済制裁の対象に認定されています。
経済対象となった北朝鮮のハッカー組織は、Lazarus傘下のBlueNoroff (ブルーノロフ)とAndariel (アンダリエル)です。

BlueNoroffは国際銀行間通信協会)の不正送金を、Andarielは韓国への攻撃を中心に役割が分担されていると言われています。

 

日本でも大々的にニュースで報じられた仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨大量流出は、当時のレートに換算すると580億円相当に上る被害だと言われていますが、このコインチェックをハッキングしたのが北朝鮮のハッキンググループLazarusといわれています。

 

 

今だからこそZaifで口座を開設しよう!

 

仮想通貨取引所Zaifで2018年に仮想通貨流出事件が発生し、ビットコインやモナコインなど合計68奥円相当が流出しました。

 

これを受けて金融庁は当時Zaifを運営していた母体企業であるテックビューロ社に対し、
2018年3月8日付け『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年6月22日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年9月25日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について

以上、2018年の1年間に3回の業務改善命令を発令しています。

また、3回の業務改善命令を受け、テックビューロ社から株式会社フィスコに運営が変わりましたが、令和元年6月21日『株式会社フィスコ仮想通貨取引所に対する行政処分について』にて、業務改善命令を受けています。

 

しかしフィスコでは、これらの業務改善命令を受けてセキュリティ面を最強化し、顧客資産はネットワーク上から切り離したほか、積極的な優秀な人材の雇用でサーバーを強化しています。

さらに、流出事件の被害者に対し、補償もおこなっているため、補償の前例がすでにある“安心感”も得られます。

 

Zaifは流出事件があったというマイナスイメージを持っている方もいるかと思います。
ただ、逆に流出させたことがある取引所の方が金融庁の目も厳しく向けられた結果、テックビューロ社からフィスコ社に運営が変わっても業務改善命令が出され、適切な指導の下で改善をしています。
つまり、金融庁の指導に従って業務の改善をした結果、セキュリティが強固な取引所になっていると言えます。

 

北朝鮮ハッキンググループの脅威が指摘されている今こそ、取引手数料が無料で、キュリティ面が強固、かつアルトコインも多数取り扱うZaifにぜひ、口座を開設してみましょう!

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.