BTC相場は値固めか反落か 「クリプトの冬」の記憶蘇る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月第3週のビットコイン(BTC)対円相場の週足は、前週比9,204円安(- 0.92%)の993,895円と2週続落。米連邦準備制度理事会(FRB)の社債買い入れ発表を手掛かりに、週央までのBTC相場は小確りとした値動きで96万円から103万円まで浮上したものの、17日のマイニングディフィカルティー14.95%上昇を受け、失速。需給悪化懸念に手掛かり難も重なり、17日から19日にかけては3日間連続で陰線が付いた。一時は100 Ehash/sを割り込んだハッシュレートも同水準を回復し、週末の相場は節目の100万円周辺で下げ止まったが、一週間を通して方向感に欠ける展開となった。 No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加