ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

PayPalで仮想通貨の売買が可能に|超有名企業の参入で世間の関心高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決済会社最大手のPaypalが、ビットコインの売買を開始することが分かりました。

Paypalでは、これまでも仮想通貨取引所から現金を引き出すシステムは存在していましたが、本格的に仮想通貨に参入してきたことによって、大手企業の仮想通貨への関心も高まるのではないかと考えられています。

また、Paypalの子会社であるVenmoも、仮想通貨の売買システムを導入するというリークが挙がっているようです。

 

決済会社最大手のPaypalが仮想通貨に参入

決済会社最大手のPaypalが、仮想通貨の売買を始めることが明らかになりました。

海外のネットショップで買い物をする機会が増えてきた今、Paypalを利用したことがある日本人も多いでしょう。

日本だけでなく、世界各地でもPaypalの普及率は高く、信頼性も非常にあると言える為、そんなPaypalが仮想通貨売買を始めることによって仮想通貨=怪しいというイメージを払拭できる可能性があります。

今の仮想通貨業界は、ブロックチェーンや仮想通貨をロジカルに見れる人しか参入できていない状態なので、一般人が仮想通貨に関心を持つことはビットコインやアルトコインの価格上昇に大きく繋がるでしょう。

また、多くの大手企業は仮想通貨やブロックチェーンを導入するのをまだ躊躇っている状況にあります。

しかし、Paypalが参入したことによって、心理的にも安心感が生まれるはずですので、大手企業が仮想通貨を導入するきっかけにもなるかもしれません。

現在は、出来上がったばかりの基盤にようやく建物を建設しているような段階である為、これから大手企業が参入してくることによって本格的に仮想通貨の時代が来ることでしょう。

ブロックチェーンも導入予定

Paypalは仮想通貨の売買だけではなく、ブロックチェーンの導入も前向きに検討しているようです。

その理由として、Paypalが2020年以降にブロックチェーンに関する人材を募集していたことが挙げられます。

Paypalは以前にもリブラのメンバーとして活動していたこともあった為、ブロックチェーンに対する関心は非常に高いものだと言えるでしょう。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加