2020年 7月 の投稿一覧

【8月13日 06:00終了】オンラインで遊ぶだけで15,000円分のビットコインが貰えるとしたらどうしますか?【スマホ対応】

 

現在、Livecasino.io(ライブカジノアイオー)にて8月12日までの期間限定で、

毎日午後9時~午前6時までの間に

条件達成で「約15,000円分」のビットコインが贈呈されるキャンペーンが実施されています。

 

 

ライブカジノアイオー激アツキャンペーン「フォーチュンナイツ」とは?

 

ライブカジノアイオーは7月30日から8月12日までの期間限定

決められた時間内に特定の条件を達成する事により

引き出し条件なしのビットコイン賞金「約15,000円分」をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンはなんと14夜連続

対象となるゲームは「バカラ」、「ブラックジャック」、「ルーレット」「その他のライブカジノゲーム」となっています。

上記のゲームをプレイするだけで、

引き出し条件なしのビットコイン賞金がゲット出来てしまうのです。

 

「フォーチュンナイツ」のルール

 

キャンペーン開催期間中の毎日午後9時に「フォーチュンナイツ」ボーナスを有効にします。

毎晩有効にできるボーナスには2種類用意されており、

プレイスタイルに合わせてボーナスを使い分ける事が可能です。

 

のんびり遊んでボーナス獲得!

300 mBTC 賭けてキャッシュボーナス1.5 mBTC(約1,500円分) 獲得

 

たっぷり遊んで特大ボーナス!

2000 mBTC 賭けてキャッシュボーナス15 mBTC(約15,000円分) 獲得

 

キャッシュボーナスを受け取るための必要金額分は、

キャンペーン有効時間の午後9時ー午前6時までの間にプレイされた9時間内の金額のみ有効となり、

完了し次第すぐにキャッシュボーナスが進呈されます。

 

引き出し条件のつかないキャッシュボーナスは全てプレイヤーのアカウントに進呈されます。

毎日、日本時間 午後9時〜午前6時にアカウントページでボーナスを有効にしてキャンペーンに参加してみましょう!

 

参加はこちらのキャンペーンページから!

 

実際の遊戯動画

 

実際に、ルーレットをプレイしている動画をご覧ください!

赤色にボールが入る予想でBETしています。

赤か黒かの1/2ですが、無事赤に入り2倍になりました!

 

この手軽さ、楽しさが世界中でライブカジノが人気である理由の一つです。

 

 

キャンペーン参加はこちらから!

 

 

「3分で終わる」Livecasino.io登録手順

 

まずはこちらからLivecasino.ioへ行き、

画面下部のをタップします。

 

登録をタップすると登録情報入力画面へ移動します。

 

 

必要な情報を入力し、画面下部のをタップします。

 

アカウントの作成が完了すると入金ページへ移動します。

 

入金ページへ移動後、通貨変更からご自身が使用する仮想通貨を選択してください。

その後、書いてある部分をタップすると、

以下の画面へ移動します。

 

 

こちらのボーナス入力画面からボーナスを適用し、

入金後にお好みのゲームを遊ぶだけです!

 

本名や本人確認書類の提出が不要な為、

凄まじくスピーディかつ安全、安心に登録する事が出来ました。

 

ボーナスコードはこちらのキャンペーンページから!

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【朗報】ガチで仮想通貨バブルが到来へ

1: 風吹けば名無し 2020/07/31(金) 12:22:47.47 ID:gtcoaidR0
「17年仮想通貨バブルを上回る」イーサリアム報酬が史上最高を記録、ビットコイン指標も良好状態
https://coinpost.jp/?p=171839

5周年のイーサリアム好調、先物取引高が過去最高に
https://coinpost.jp/?p=171803

米CNBC経済番組がビットコインに再注目 「最高値更新は可能」と有識者が発言
https://coinpost.jp/?p=171457

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596165767/

続きを読む No tags for this post.

bitFlyerとBraveが共同開発、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が日本で初めて可能に

国内最大手仮想通貨取引所bitFlyerを運営する株式会社bitFlyerは30日、ブラウザ Brave を提供する Brave Software, Inc.の子会社で、ブロックチェーン関連業務を行うBrave Software International SEZCと、Brave ブラウザ内で使用できる仮想通貨(暗号資産)ウォレットを共同開発することを発表した。 No tags for this post.

ビットコインは安全資産ではない。安全資産は過剰表現

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/31(金) 01:08:50.834 ID:D8ESr02I0
CME ビットコイン  リスク概要

ビットコインについては、明確な固有価値が存在しない。伝統的な資産ではない。
最終的に、ビットコインは認知されるに至らず、
価値の単位や通貨として扱われることはないかもしれない。

ビットコインの取引に関しては、中央銀行や規制当局の
関係者を始め、市場参加会社の幹部や学者などが、
極度に高いボラティリティや経済的価値が欠如している
こと、規制が行き届いていないこと、マネーロンダリン
グや匿名による資金移動などを指摘して、高リスクであ
ることを警告している

または複数が作用し合うことで、
政府や規制当局による市場介入が実施されたりすれば、
ビットコインやBTCsの価格形成や市場流動性が大きな
影響を受ける場合も実際の可能性として存在する。
https://www.cmegroup.com/ja/disclaimer/bitcoin-futures-risk-factors.html

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1596125330/

続きを読む No tags for this post.

Braveとの提携でbitFlyerが見据える未来とは?オラインイベントで見えたもの

要点

ここに本文を記述

bitFlyeが見据える未来とは




7月30日に、次世代ブラウザーを提供しているBrave社が主催のオンラインイベント「Brave Software Asia Office Opening Party」が開催され、その内容がbitFlyer公式ブログに掲載されました。

オンラインイベントには、bitFlyer社の三根公博CEO(代表取締役)とBrave Software Asia社から嶋瀬宏CEOによって開催されました。



(画像引用 bitFlyer公式ブログ)


bitFlyerは2020年4月9日付で、Braveブラウザ上にて流通しているトークンであるベーシックアテンショントークン( Basic Attention Token/BAT)の取扱いが開始され、さらにbitFlyerと Brave Software社は7月9日に業務提携に関する基本合意書を締結しています。

この提携により、さらなる未来を見据え、bitFlyerと Brave Software社が共同で仮想通貨ウォレットを開発することを発表しています。

2社の提携で変わること・できること

現在共同開発中の仮想通貨ウォレットでは、bitFlyerアカウントを保有しているユーザーは、Brave ブラウザ上にてbitFlyerアカウントと連携ができます。
現在、Brave Rewards プログラムに参加しているユーザーは、Braveブラウザ上の広告閲覧で付与されるBAT ポイントから、BAT が付与されるようになり、bitFlyerアカウントのウォレットに直接反映されるとのこと。

付与されたBATについては、Braveブラウザ上で投げ銭に使用できるほか、bitFlyerで売却して日本円へ換金することも可能になります。

両社の提携により、Braveでは高セキュリティ環境下で仮想通貨が取り扱えるようになり、投げ銭などの環境により、投資や投機としての仮想通貨ではなく、日常利用できる身近な仮想通貨とのふれあいが体験できます。

bitFlyerが見据える未来




bitFlyerはこれまでにも仮想通貨決済に関連したパートナーシップやサービス展開を実施してきました。
今回の提携によって仮想通貨の実需に生み出せ、“ブロックチェーンで世界を簡単に。”のスローガンの下、より身近なものへと進めていく見デルケースを目指しているとブログで語っています。

これまで提供する側に与え続けられていた大きな利益を、ユーザーのプライバシーやインターネット環境を守りながら、利用者側へ利益を分与していく未来へとつなげていくと語っています。

Braveが見る未来のブラウザ




Braveはこれまで提供する側に与え続けられていた大きな利益に疑問を持ち、一部の事業者のみが大きな利益を得るスタイルから、ユーザーのプライバシー情報や関心度・注目度をサービスから収益化させる(収益を得る)ことを目標に事業展開をしています。
同時に、コンテンツを提供するクリエイターや消費者への還元は限定的であった部分にも同社がメスを入れる形で、これまでのエコシステムで犠牲となっていた消費者のプライバシーやインターネット速度、通信費などを守っていくと語っています。
消費者の関心ごとに合わせた適切な報酬が支払われ、お気に入りやサポートしたいクリエイターや組織を、ユーザー個人でも支援できるような世界を作ることを目標にしていると語っています。

現在日本では金融庁並びに国の仮想通貨政策によって規制が実施されているため、Brave Rewards プログラム参加ユーザーには、一定条件を満たした場合、他国で実施されているBAT付与ではなく、BAT ポイントが付与されていました。
このポイントシステムが、行動開発中のウォレットが実際にユーザーへ提供開始されると、BATポイントではなく、他国同様にBATの付与へとサービスアップされます。
なお、このBATポイントからBAT付与へシステムチェンジするにあたり、bitFlyerおよびBraveから詳細が発表されるとのこと。

動画閲覧中に登場する煩わしい動画広告が消え、トークンがもらえ、仮想通貨がより身近なものへ変わっていく。
そんな未来をBraveとbitFlyerは見据えていると語っています。


新たな仮想通貨環境をBraveと提供しようと取り組んでいるbitFlyerに口座を開設しようと検討されている方はこちらからどうぞ!

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コイネージの仮想通貨取引サービス、奥山CEO「ビットコイン愛を伝えていく」=ビットコイナー反省会

bygoogle || []).push

ビットコインの価格が11,000ドル超え!市場関係者らも続々と強気の予想!

要点

・ビットコインが1年以上ぶりに11,000ドルを突破しました。
・アナリストはトレーダーがアルトコインとデファイから得た利益をビットコインに戻していると示唆しています。

ビットコイン高騰

ビットコインが7月27日(月曜)に11,000ドルを超えて急上昇し、2020年の1日の終値が最高値となりました。

7月第4週目の1週間、ビットコインが10,000ドルを超え、すべての抵抗を24時間以内に突破し、ビットコインが過去12カ月でブレークできなかった主要抵抗レベルである10,500ドルをようやく突破しました。

11,000ドルが引き続き維持された場合、次の目標ラインは2018年3月以降この価格を突破していない、11,723ドルであり、それを上回る強気の動きを見せた場合のシナリオとして、代段階目標として13,100ドルを専門家は目指しているようです。

アルトコインからの離脱!?

ここ最近は仮想通貨からアルトコインへと資産を移す傾向が強くみられていたものの、今回のビットコインの値上りによって、アナリストはアルトコインからのトレーダーの利益がビットコインの購入に使用されていると見ています。

トップ10位までの主要アルトコイン、特にビットコインと比較されることが多いものは、マイナーゲインを結集しており、トレーダーがUSDTのようなフィアットまたはフィアットペグのステーブルコインに変換しなかった場合、ビットコインとメジャーにのみ賭けていることを示唆しています。

Messari Cryptoの暗号およびデータ研究者であるエリック・ターナー(Eric Turner)氏はメディアのインタビューに、トレーダーはDeFi(分散型金融)からの利益を主にビットコインとイーサリアムに投入していると語っており、このような動きは仮想通貨市場全体を駆り立てます。

アメリカの通貨監督庁により、銀行が仮想通貨保管を許可されたというニュースもまた、高騰の追い風になった可能性があります。
仮想通貨の保管は現在Coinbaseなどの企業が支配しているため、この変更は既存金融機難および仮想通貨市場に大きな意味を持つとみられます。

著名人らの強気な予想も続々と登場


<画像引用 Coin360仮想通貨ヒートマップ(1Week)

仮想通貨アナリストのBTC_JackSparrow氏はツイッターで

年末までに17,000ドルに到するだろうとみており、テクニカル分析のエリオット波動理論に基づき、現在は2019年から続くABC波の中で上昇の流れにあり、この上昇地点が16,900ドル付近にある事が理由と解説しています。

エリオット波動はテクニカル理論の一つで、市場平均の推移を表そうとするため、個別銘柄には必ずしも当てはまらす、計量経済学的、数理統計学的根拠は特にない経験則に基づいているものです。
また、ABC波とは、強気相場において、調整波動を表すものとして利用されているものです。

投資家であり、ギャラクシーデジタルの創設者兼CEOのマイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏が7月28日(火曜)、ビットコインは今後3か月で14,000ドルになり、年末までに容易に20,000ドルに達する可能性があるとの予想を発表しました。
ノボクラッツ氏は、政府の「流動性ポンプ」がオンのままである限り、金も上昇し続けるだろうと予測しています。
同氏は予想の理由を、FRB(連邦制度準備理事会)が金利を引き上げるようには見えないため、流動性の話は消えないとみられ、我々は大きな刺激を受けるだろうとコメントしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン市場を支える新規投資家層。米国人が今年、仮想通貨投資を開始している動き

bygoogle || []).push
No tags for this post.