「ビットコインクジラの生息地」仮想通貨取引データから判明した資金ルートなどの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチ企業Kaikoが7日に発表したレポートによれば、ビットコインの大口投資家を示す”クジラ”が6月に最も利用した取引所は、中華系大手のOKExだった。調査対象の取引所(現物取引のみ)の中で、6月において最も取引数が多かったのは、計8500BTCを記録したOKEx。バイナンス、Huobi、コインベースもランクインした。 No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加