中国「ブロックチェーン+医療」、フォビが指摘する5つの問題点と期待かかる新プロジェクトとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国ではブロックチェーンの医療での活用が進んでいる。推進の主力はおなじみのIT巨頭、アリババ、テンセント、京東、中国平安などである。2017年ごろから先行し、存在感を示していた。ただ「医療+ブロックチェーン」に関しては課題・問題点もあり、フォビ研究院が市場の成長の予測と共にレポートで示している。そのレポートの内容と、昆山市で始まる期待の新プロジェクトについて確認しておこう。 No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加