ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨取引の危険トランザクションが簡単に凍結できる時代に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・暗号追跡を手掛けるCipherTrace社が、追跡ソフトウエアに新たな予測機能を導入しました。これによって、仮想通貨取引が安全で、犯罪者に結びついている可能性のある資金を解読できるようになるとのこと。
・新たに導入された新予測機能は、仮想通貨取引所や類似ビジネスで、ブロックチェーン取引を確認する前に、犯罪者に結びついている可能性のある取引を凍結させることを目的としています
・今回の新機能導入により、CipherTrace社は、仮想通貨ビジネスに犯罪活動から得た資金を回避する手助けをしたいと考えています。

追跡ソフトに新予測機能を導入


(画像引用先:CipherTrace )

DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency=アメリカ国防高等研究計画局)が支援するブロックチェーン分析会社CipherTraceが、仮想通貨の予測機能を発表しました

同社によると、リアルタイム分析と予測リスクスコアリングを含む新しいツールが既存の顧客へ利用可能になり、7月末には新規クライアントに提供される予定です。

先週、仮想通貨市場では、ツイッターアカウント乗っ取り事件により、ビットコイン詐欺を拡散させるために130ほどのアカウントを乗っ取る大規模なハッキング事件で衝撃を受けました。
その影響を受け、Coinbaseなどの仮想通貨取引所が詐欺師の保有するウォレットアドレスへのトランザクションを凍結する前に、無防備な状態であったTwitterフォロワーから120,000ドルを超えるビットコインをだまし取っています。

既存技術を迅速化

CipherTraceの最新の技術は、業界では目新しいものではなく、ライバル企業のChainalysis社とElliptic社は、すでに同様のツールを販売していますが、CipherTraceの最新技術は、さらに迅速化することを目的としています。

海外メディアのインタビューでCipherTrace社チーフファイナンシャルアナリストのジョン・ジェフリーズ(John Jefferies)氏は、ビットコイン取引は、ブロックチェーンにコミットする前に、会社の資金監視システムとアルゴリズムを使用してスコアリングされます。
仮想通貨取引所や仮想通貨ATMのほか、仮想通貨取扱い店頭デスク、ヘッジファンドなどの仮想通貨取扱いサービスプロバイダーは、プラットフォームに流入するトランザクションをスコアリングするために当社のソフトウエアを使用しています。

ブロックチェーンからデータを取り込むことで、AI(人工知能)は資金が汚染されているかどうかに基づいてマネロンリスクを低~高にトランザクションをスコア付けすると説明しています。

ブロックチェーンで確認される前に、ビットコイントランザクションはmempoolと呼ばれるものに保存され、検証を待たなければなりません。

トランザクションがブロックチェーンで確認・確定されるまで、10分から数時間かかることがあり、今回の新技術は、取引所や他のビジネスが最終的なものになる前に危険なトランザクションを特定できるようにすることを目的としているとのこと。

トランザクションに関与する住所が認可された領域またはエンティティに起因する可能性があることを示唆するデータを発見した場合、トランザクションを潜在的に高いリスクとしてラベル付けします。

リスク・スコアリングは資金源に基づいているとジェフリーズ氏は説明しており、トランザクションがmempoolに入ると、危険なトランザクションを確認し、ブロックチェーンに書き込まれる前にそれらがどこから来たかを知ることができ、ユーザーは資金を停止することができます。

なお同氏によると、CipherTraceは世界の取引量の約87%を可視化し、何億もの属性データポイントを誇っており、これが暗号追跡会社がクリーンな資金と犯罪者に関連している可能性のある資金を解読することを可能にする、と述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.