ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

イーサリアム先物契約の総額が史上初!10億ドルを超え関心高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・プロのトレーダーが参入でイーサリアム先物が総額10億ドルを超えました。
・3月の仮想通貨の暴落の影響を受け、先物金利は4億ドルを下回っています。

イーサリアム先物取引の総額が10億ドル超え!

オープンイーサリアム先物契約の総額は、史上初めて10億ドルを超え、仮想通貨への関心がより広く浸透し、注目度が高まっているこを予感させています。

市場分析会社Skewによると、イーサリアム先物の未決済金利、つまり未決済の契約総額が10億ドルを超えていることが分かりました。


(画像引用 Skew)

先物取引(Futures contract)とは、いわゆるデリバティブ(派生)商品の一つで、あらかじめ決められている期日(=満期日)に、この場合はETHですが、価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、未来の売買について、ある価格での取引を約束(保証)する取引を言い、定期取引や清算取引とも呼ばれています。

先物契約は、将来について事前定義された時点で、価格が実行時の契約価格と異なることを期待しているため、義務を履行するときに即座に利益を得ることができます。
契約発行者は、販売する契約に対してプレミアムと呼ばれる手数料を獲得します。
その際、手数料は義務を果たすために資産を購入または売却することによる損失よりも大きくなると予想されます。

イーサリアム先物の建玉(※、取引所で売買約定した物、信用取引や先物取引、オプション取引、FXなどにおいて、取引約定後に反対売買されないまま残っている未決済分を指します。)は、6月20日以降、現在までに8億ドル未満から11億ドル近くに約30%も増加しています。
建玉は、発行者と購入者が先物契約で危機に瀕している、有効期限がまだ先の未処理の金額を測定するため、重要なメトリックで、対照的に先物ボリュームは、特定の期間に取引されている既存の先物契約(他デリバティブと同様、交換可能)の価値を測定します。

仮想通貨取引所のOKExは現在、最大の建玉を2億9000万ドル以上に維持し、HuobiとBitMEXの2取引所は合計で2億ドル以上も追加しています。

Huobiは最近、第3四半期にイーサリアムオプション取引を開始する計画を発表しています。
ETH先物は2020年の初めに上昇していますが、コロナウイルスの影響を受け、その後のアメリカ株式市場の暴落によって仮想通貨が下落する前に、合計で9億ドル近くになっています。3月中旬までに、ETH先物の建玉は4億ドル未満に落ちて以降、ETH先物のオープンインタレスト(Open Interest=未決済の建玉)は、最近の価格上昇に拍車がかかっており、容赦ない上昇を続けています。

ETH先物は上向きですが、現在の仮想通貨金融契約のキングに君臨するビットコインを引き継ぐまでには、まだ少し長い道のりを歩まなければなりません。
BTC先物建玉は7月21日に40億ドルを超えましたが、最近の価格急騰が始まって以来、イーサリアム先物金利の半分の割合で増加しています。

イーサリアムが新しい市場サイクルをリードしているので、ETH先物への関心が注目すべき資産としてBTCに追いつくまでに長くはかからないと見る専門家もいます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.