ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨詐欺師、偽ウォレットを介してインド裕福層投資家を標的か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・インドの仮想通貨詐欺師が富裕層をターゲットにしていることがわかり、被害者のうちの1人はビットコインウォレット詐欺で370万ドルを失った事が分かりました。
・ソーシャルメディアアプリを通じ、仮想通貨詐欺師が人々を誘導し、詐欺ウォレットアプリを使用するように誘導し、2019年から同様の詐欺によって45億ドルの損失が発生していることが分かりました。

仮想通貨詐欺師のターゲット

インドの仮想通貨詐欺師が、最新のビットコインスキャンダルの偽のゲットリッチスキームに参加するよう、比較的資産を多く保有しているいわゆる裕福層の投資家を誘惑することで、詐欺案件を成功させています。

インド国内にて、2019年3月に仮想通貨全面禁止が解除された後、同国は仮想取引の急増と詐欺の増加が次々と発覚しているとインドTVのニュースで報じられました。

詐欺師集団らは、裕福な個人投資家をターゲットにしており、その一部は偽プラットフォーム利用した後、50,000ドル(約530万円)以上失ったと報じられています。
別の個人投資家はビットコインのウォレット詐欺による被害によって、28クロー(370万ドル、約4億円)の被害を受けています。

偽ウォレット詐欺の手口

詐欺師集団は、ソーシャルメディアグループでメッセージのやり取りを実施しており、アプリを通じてビットコインを売買するように誘っていることが分かっています。
裕福層の個人投資家を標的にしており、注意しておきたいのが、これらの詐欺アプリは他のアプリには見られないほどの良いレートまたはトレードの機会を持つっていると報じられています。
しかし、個人投資家がこれらの偽ウォレットにビットコインを送金したり購入するなどのアクションを見せると、詐欺師集団は姿をくらまし、被害者との通信を一方的に断つことが被害調査で判明しています。

Avalance Global Solutionsの創設者であるマナン・シャー(Manan Shah)氏は、この取引が通常、SGP(Swift Global Pay)やIGP(Insta Global Pay)、International Global Payなどの支払いソリューションを通じて行われると語っています。
これらのサービスのいくつかは、Q&Aページにて低い評価のレビューが書き込まれている事も判明しています。

詐欺師のスキルが向上!?

インドの仮想通貨取引所CoinCDXの創設者であるスミット・グプタ(Sumit Gupta)氏は、仮想通貨の人気が高まっているなか、複雑な手口を使って投資家の仮想通貨を奪い取る計画を立てており、少なくとも基本的なオンラインセキュリティに関連する最低限の知識を持ち合わせており、仮想通貨取引きやその処理するスキルを持っているとみられています。

グプタ氏は、投資家に自分のデューデリジェンス(Due Diligence=投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査・注意義務および努力すること)を行い、デバイスを最新の状態に保ったうえで、スマートフォンを使って詐欺を働いています。

仮想通貨市場では、ビットコインの価格上昇による急騰を経験しており、仮想通貨詐欺師は世界中で増加していることが分かっています。
仮想通貨は最近9,000ドルのベンチマークからようやく脱出し、最近では1BTC= 12,000ドル援護で推移しています。

分析会社のCipherTraceのデータによると、仮想通貨の盗難が2018年に17億ドルにまで一気に急増し、クリプトの冬と呼ばれた時期を経て、今年2020年1月から5月までの間に14億ドル近く詐欺被害が急増したことを明らかにしています。
記録では仮想通貨誕生以来、2番目に大きい仮想通貨詐欺被害を2019年に受けており、その被害額はすくなくとも45億ドルを超える損失をもたらしていることが判明しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.