米FRB、デジタルドルの調査で数年前からDLTを試験運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米連邦準備理事会(FRB)が過去数年にわたり、デジタル通貨が決済システムや銀行業界などに与える影響を調査する目的で、分散型台帳技術(DLT)を試験的に運用していることが分かった。FRBのラエル・ブレイナード(Lael Brainard)理事が、8月13日に開かれたサンフランシスコ連銀のウェブイベントで明らかにした。 No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加