【テニス】錦織圭のコロナ感染で全米OPピンチ…医師は「心臓への重大後遺症」と懸念 [ばーど★]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ばーど ★ 2020/08/20(木) 16:04:27.81 ID:CAP_USER9
「錦織、おまえもか!」

そう思ったファンは少なくないだろう。

男子テニスの錦織圭(30)は16日、自身の公式アプリで新型コロナウイルスに感染したことを発表した。症状は軽く、すでに自主隔離に入っており、22日に開幕のウエスタン&サザン・オープン(ニューヨーク)は欠場。全米オープン(31日開幕)の出場も厳しい状況だ。

錦織が拠点として滞在している米・フロリダ州ではマスク着用に反対する住民が多いこともあり、感染拡大に歯止めがかからない状態だ。6~7月に感染者が急増、すでに累計56万人を超えた。

それだけに錦織は、コロナ感染にはナーバスになっていたことは想像に難くない。感染場所が、買い物先なのか、トレーニングジムなのか、本人も首をひねっているのではないか。

ツアーに関しては、昨年10月に右肘の手術を受け、今週の大会が約1年ぶりの復帰戦になるはずだった。ナダルや故障中のフェデラーの欠場が決まっている全米オープンの出場も今のところ未定だが、「自身も故障明けだけに、今季はガツガツ勝ちにいく気はない。コロナ感染でモチベーションが下がる心配はないでしょう」と、錦織に近い関係者はみている。

■メジャーリーガーは今季全休

錦織は、自宅で数日間おとなしくしていれば、遠からずツアーに復帰できるだろう。「しかし、この感染症を甘く見てはいけません」と警鐘を鳴らすのは、日本循環器病予防学会の元会長で寺田病院(東京)名誉院長の澤井廣量氏だ。

「メジャーリーグのレッドソックスでは、昨季19勝左腕のE・ロドリゲスが先月、新型コロナウイルスの陽性反応が出た後、心筋炎の兆候が発覚。今季の休養が決まった。一方、プロ野球巨人の坂本内野手や阪神の藤浪投手は新型コロナウイルスに感染し、今は完治して試合に出ています。でも、感染した者がすべて元の体に戻れるわけではありません。この感染症は、倦怠感や息苦しさ、関節痛、咳、味覚障害、集中力や記憶力の低下、脱毛などの後遺症が報告されている。肺炎も、いわゆる普通の患者とは違い、障害が残るケースもある」

無症状でも心臓へのダメージ大

6月には全米OP「楽しみ」とリモートで浅田真央とバーチャル握手する錦織(C)共同通信社
 
さらに澤井氏は続ける。

「アスリートにとってとくに心配なのが心臓への影響です。例えば、メジャーリーガーに見られた心臓の筋肉が炎症を起こす心筋炎は、風邪やインフルエンザのウイルスが原因でもなりますが、新型コロナも例外ではない。心臓の電気的刺激伝導が妨げられ不整脈が出たり、心臓のポンプ機能が障害を受け、心不全の原因にもなります。前兆の症状としては、息切れ、発熱、頭痛、筋肉痛、動悸、全身倦怠感など風邪に似ている。無症状の人もいます。心電図や血液検査などからわかりますが、自ら心筋炎を疑う人は少ない。ですから、覚えておいて欲しい。新型コロナは、持病のない若い成人でも、症状が長期化するケースがある。検査で陽性になった後、3カ月を経過しても心筋損傷が見られる患者もいる。今年爆発的に流行したことで、まだわからないことが多い。本当の怖さがわかってくるのはこれからかもしれません。後遺症が残るケースは珍しくないことだけは肝に銘じてください」

コロナで心臓をやられたら選手生命に影響する――。

決して脅かしではない。

8/18(火) 11:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/67c9c6a2d199ed6f6496d111d1d432846b61d2f2?page=1

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1597907067/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加