日テレが24時間テレビからコロナを出すなの大号令!1000人余りの出演者スタッフに最低3回のPCR検査を義務付けして経費2億円以上www

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。 2020/08/20(木) 16:32:56.69 0
日本テレビが〝絶対に負けられない戦い〟だ!
同局が、社運をかけて臨むチャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」が、いよいよ22~23日に東京・両国国技館から放送される。
新型コロナウイルスの新規感染者数が、都内で連日3桁を数える中での強行開催に、世間のバッシングの声は激しい。
そのため、局内では「絶対、コロナの感染者を出すな!!」の大号令を出し、超厳戒態勢になっているが、もしクラスター(集団感染)が発生したら、最悪の事態となる。

「今、準備の真っただ中です。日本テレビは番組の成功、そしてコロナ感染者ゼロを目標にしていますが、もう現場はピリピリムード。みんな悲鳴を上げていますよ」

そう耳打ちするのは制作スタッフだ。

1978年から毎年夏の風物詩として生放送されてきた「24時間テレビ」が、最大の危機を迎えている。原因は、もちろんコロナだ。

今年は無観客開催となり、募金も全国の系列局で受け付けるものの、会場の両国国技館では受け付けない。恒例のチャリティーマラソンは中止。
代わりに、シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(48)率いる「チームQ」が一般公道ではなく私有地で「募金ラン」を行う異例の方式となる。

同スタッフは「日テレの小杉善信社長が定例会見で『どんな形でも必ずやる』と宣言したからです。
ネット上は『世間と温度差が違う』『ふざけるな!!』と荒れに荒れましたからね。それは今も変わっていませんから、どうなることやら」と不安を隠せない。

同局は万全を期すため、厳戒態勢を敷いた。まず、番組制作にかかわるスタッフや出演者ら全員に対し、PCR検査を実施したという。

「スタッフの数は1000人あまり。1人の検査代は約3万円です。それでも感染にはタイムラグがあるので、1度だけでは意味がない。
最低3回のPCR検査をスタッフ、出演者及び関係者に義務付けました。出演者らと濃厚接触が想定されるスタッフには何と4回。これだけで2億円以上の経費がかかっています」(日テレ関係者)
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2091066/

引用元:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1597908776/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加