2020年 9月 の投稿一覧

【悲報】TOKIO元メンバー山口さんの元嫁さん インスタライブに出演

1: 風吹けば名無し 2020/09/30(水) 19:01:11.74 ID:H6UPpI320
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2234388/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2020/09/7a64fe3917854b9b57a9c537a02687a4.jpg

 酒気帯び運転で逮捕、釈放された「TOKIO」の山口達也元メンバー(48)の元妻で、ハワイ在住の実業家Aさん(44)が日本時間30日、インスタライブに出演した。

 前日29日には、山口の飲酒事故を受けて、Aさんがフジテレビ系「バイキングMORE」に寄せたコメントが紹介された。元夫の事故を謝罪するとともに誹謗中傷をいさめるよう求めるメッセージで、ネット上で話題になっていた。

 インスタライブはAさんの友人でもある美容家女性が、「(Aさんへの)誹謗中傷があって(インスタライブを)続けられないとなった場合、私の判断で中断してしまうかもしれません」とアナウンスしてスタート。

 Aさんは山口元メンバーと2016年に離婚後、ハワイで自分の考えをしっかり持ちながら、長男(12)、次男(10)を育てるシングルマザーとして、また実業家として奮闘している。

 インスタライブでは子育てについて熱弁。「これからの時代は自己肯定感(を高めること)に尽きる。これを広めていきたい」と訴えた。

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1601460071/

続きを読む No tags for this post.

速報】 bitFlyer、国内外の無登録業者に係る仮想通貨の入出金を制限へ

bygoogle || []).push
No tags for this post.

仮想通貨は将来的には確かなものとなるだろうが、歴史が浅く、課題が多い。

bygoogle || []).push
No tags for this post.

英FCA、無登録事業者Cryptenixを警告リストに掲載!ユーザーへ警告も

要点

・イギリスのFCAが、仮想通貨取扱業を運営しているCryptenixに対し、無登録業者として警告しました。
・FCAはイギリスに居住する者に対し、Cryptenixを利用しないよう、呼びかけている。

FCAがCryptenix へ無登録事業者として警告

イギリスのFCA(Financial Conduct Authority=金融行動監視機構)は、イギリス国内において、仮想通貨ブローカーであるCryptenixを利用しないよう警告しました。

規制当局側は、同社が“イギリス国内において、当局の許可なしに金融サービスまたは商品を提供している”とその理由について説明しており、イギリス国内においては、金融サービスまたは商品を提供、宣伝、または販売するほとんどすべての企業および個人は、当局による承認を受ける義務があります。

発表の中で、FCAは、イギリス国内に居住する者に対し、仮想通貨関連のFXサービスを許可されていない状態でサービス提供をしている一部の企業は、故意に投資詐欺を実行していると指摘しています。

名指しは避けたFCA

Cryptenixに対して詐欺を働いたと名指しで指摘していないものの、Cryptenixは当局から承認されていないまま、イギリス国内に居住する人々をサービスの提供対象としています。
当局が保持している情報に基づき警告を発しているものの、当局側は認可をとる必要はあるが、規制内の活動を行っていると信じているとべています。

CryptenixはFinplexGroup LTDの一部であると報じられており、FX、商品、株式、暗号通貨など、あらゆる種類の海外投資サービスを提供する英国の投資家をターゲットにしていると言われています。

規制当局は、Cryptenixから連絡を受けたイギリス居住者に連絡をとるよう求めており、同社に資金を送金した人は誰でもその事件をActionFraudに報告する必要があると付け加えています。 FCAによると、許可されていない会社との取引はイギリスの救済制度によって保護されていないため、影響を受ける人は誰であっても金融オンブズマンサービスに苦情を申し立てたりはできない仕組みになっていると明かしています。

Finance Magnatesによると、警告は、イギリス政府が仮想通貨の宣伝に関連し、これらの製品の新しいフレームワークを作成するのではなく、市場監視機関の既存の監視の範囲に含めることを提案した数週間後に発生しています。
財務大臣と市大臣の経済秘書であるジョン・グレン(John Glen)氏は、基礎となる仮想通貨資産要素を備えた規制投資を販売する企業についても、FCAによる承認が必要になる可能性があると述べたことを地元メディアによって報じられている。

仮想通貨詐欺が投資家を騙すためにますます洗練された戦術を使用している中、FCAは個人投資家やトレーディングブローカーに焦点を合わせていると報告されており、今後も当局により規制と監視活動はより一層厳しさを増すとみられている。

危険な仮想通貨詐欺から身を守るためには?

イギリス国内においては、日本の金融庁による登録業者が国内で仮想通貨取扱い業を運営できるのと同じように、FCA(Financial Conduct Authority=イギリス・金融行動監視機構)にて、金融サービス登録を行った事業者のみがイギリス国内居住者へサービス提供できる仕組みを構築しています。

イギリスでは、許可されていない企業を利用した場合、金融オンブズマンサービスにアクセスできなくなるほか、FSCS(Financial Services. Compensation Scheme=金融サービス補償スキーム)による補償を受けることができないという、厳しい措置が講じられています。

一方の日本における仮想通貨関連の補償制度については、まだまだ発展途上の段階であり、最近になり、改正資金決済法の登場により、ようやく義務化への光が見えてきのではないか?と言われる段階です。
このような状況から、顧客の資産を保護する流れについては、まだまだこれから規制及び保護されていくのではないか、というのが現状で、日本国内での保証制度などは、時間がかかるのではないかとみられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

“GoToトラベル”で専門家提言…感染が拡大した地域は「ちゅうちょなく」除外も [ばーど★]

1: ばーど ★ 2020/09/25(金) 19:48:08.27 ID:t85xa70Q9
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、10月1日からGoToトラベルに東京を追加するにあたり、あらためて感染防止対策を求めた。

尾身分科会長「GoTo事業を除外することなども含め、ちゅうちょなく行っていただきたい」

その中で、感染が拡大した地域は、GoTo事業からの除外も含めた対応を、ちゅうちょなく行うよう提言した。

また、混んでいる時期や、場所を避けて旅行をする小規模分散型旅行の推進も、あらためて求めた。

2020年9月25日 金曜 午後7:22
https://www.fnn.jp/articles/-/88756

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601030888/

続きを読む No tags for this post.

リップルが大きく出遅れている理由?今後暴騰する可能性は!

コロナショック以降、明らかに変化している仮想通貨市場。そんな中でかつて投資家から人気が最も高かった時価総額第3位のリップルの動きがさえません。正確に言うと、ビットコインやイーサリアムに対して大きく出遅れ感があります。何故リップルは出遅れているのか、そして今後のリップルはどうなるのか調べてみました。
3240720_s
No tags for this post.