ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

SEC、DeFi規制で厳しいテストに直面している、とCrypto Momが述べた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・ヘスター・パース氏がSECコミッショナーとして2期目に突入しました。
仮想通貨にやさしいと言われるパース氏は、規制当局はデフォルトで手渡しの監視をすべきであると公言しています
・パース氏は、アメリカ人が仮想通貨市場にもっとアクセスできるようにして欲しいと語っています。

仮想通貨の母が語る仮想通貨市場の理想とは


Crypto Mom(クリプトの母=仮想通貨の母)の愛称を持つ規制当局者の一人であるへスター・パース(Hester Peirce)氏は、分散型の資金調達であっても、母性主義的であるべきではないと述べています。

パース氏は先月、SEC(アメリカ証券取引委員会)の委員の一人として2期目に突入したことを宣誓しました。
メディアによるインタビューで同氏は、代理店での今後5年間に何を期待するかについて話しました。

最初に口火を切った内容として、DeFi(分散金融)はSECを席巻させ、規制に関するいくつかの基本的な質問をすることになるだろうと同氏は述べています。
分散型金融は仮想通貨市場の商品の中で今最もホットな話題ですが、SECが対処するのは難しい問題とみられています。
一方で、一部の弁護士は、証券の配布、正確にはSECの送金が含まれると確信しており、DeFiはこれを回避しようとしています。
なお、主要プロトコルは分散化に積極的に動いているとのこと。

SECはいったい何をするのか?




パース氏が問題の核心を握るのは、DeFiの目標は同氏が理解しているように、仲介者を排除し、人々が互いに直接関与できるようにすることだとパース氏は述べています。

通常、規制当局が金融システムを規制した方法は、仲介人を規制することだと考えており、パース氏は仮想通貨をめぐり、自分の利用している代理店に数回足を運び、最近ではSECのテレグラムに対する17億ドルのICOに対する訴訟で、メッセンジャーアプリがブロックチェーンプロジェクトを放棄した事でも積極的に足を運んだと言われています。

パース氏は2期目として、既存の規制を微調整し、アメリカ人が規制された仮想通貨市場にアクセスしやすくし、仮想通貨取扱い企業が合理的な枠組みの中で資金調達することをより魅力的にしたいと考えています。
仮想通貨だけでなく、あらゆる点での優先事項は、市場の人々が相互に有益な取引に従事できるようにすることでだと同氏は語っています。

同氏の仮想通貨市場に関する主な計画の1つは、「セーフハーバー」のポリシードラフトを改訂することです。
これによって、仮想通貨取扱い企業に3年間、コミュニティに権限を委譲し、SECが他の方法でラベル付けされていた可能性のあるもの(未登録証券)を配布したことに対してアクションを起こすことができると考えています。

それでも、仮想通貨市場の多くの人々は、同氏が業界の救済になることを期待していますが、変化を実現する同氏の能力について確信が持てないとメディアは報じています。
その理由として、同氏が「官僚制は難しい」と語っていることが大きく関係しており、何かを成し遂げることは本当に難しい。
同僚のコミッショナーの立場を考えると、同氏の最初のセーフハーバーの提案が本格的に始動することに確信が持てない様だと報じられています。

これらの流れから、セーフハーバーの提案とDeFiによって、パース氏は機敏である必要があり、その理由として、仮想通貨が「可能な限り機敏」であるためだとメディアは報じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加