ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

クリプトクジラがブロックチェーンゲームの仮想不動産を買収する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・ブロックチェーンベースのゲームサンドボックスで、仮想の土地区画を販売しています。
・仮想通貨取引所のバイナンスとNFTコレクターのホエール・シャーク氏がこれまでのトップオーナーです。

注目のNFT主導ゲーム


※動画引用先:サンドボックスゲーム…「The Sandbox – Gaming Platform Teaser Trailer」  


バイナンス(Binance)とホエール・シャーク(WhaleShark)氏は、NFT(※1)主導のゲーム「サンドボックス(The Sandbox)」のトップランド男爵として登場し、デジタル小包を一斉に収集しています。
(※1)NFTとは、Non Fungible Token (ノン・ファンジブル・トークン)の頭文字から来ており、NFTERC721という名前の標準規格にもとづいてつくられるトークンを指しています。

現在、ブロックチェーンベースゲーム界では不動産ブームで、香港に拠点を構えるモバイルゲームを手掛けるAnimoca Brands社のサンドボックス(Sandbox)は、地平線上で最も有望なブロックチェーン主導のゲームの1つであり、ファイナルファンタジーの開発者であるスクウェア・エニックス(Square Enix)社やケア・ベア(Care Bears)などの多様なパートナーに加え、いくつかのトークンプリセールを通じてクリアされました。

プレセールのほとんどが、Minecraft風の共有ボクセル世界におけるゲームの仮想プロパティであるランド(LAND、The Sandboxメタバース上の土地を指します。)向けで、これはインタラクティブなゲームやエクスペリエンスに開発、収益化、レンタル、必要に応じた販売ができます。これまでのところ、サンドボックスはLANDトークンの販売を通じて150万ドル(約1億6,000万円)以上を調達していますが、サンドボックスはまだ正式には公開されていません。

しかし、サンドボックスでは、異なるLAND男爵のペアがすでに登場し、大きな注目を集めています。
Sandboxの共同創設者兼最高執行責任者であるセバスチャン・ボルジェ(SébastienBorget)氏は、

彼らのコミュニティを活用し、ユーザーを斬新な方法で引き付けることは非常に理にかなっています。プレイヤーによって多くの自由をもたらし、私たちの$ SANDトークンによってサポートされる経済的なインセンティブにより、彼らに報酬を与えることができるまったく新しいエンターテインメントフィールドを一緒に作成します。

とコメントしています。

BinanceとThe Sandboxは最近タッグを組んでおりBinanceはゲームの$ SANDトークンの$ 3ミリオンの売却をホストし、次に4,012の自社のLANDトークンを購入しています。
ボルジェ氏によると、Binanceの関与は、ゲームが一般大衆に公開される前に、ゲームとその独自の経済のプロファイルを押し上げているとのこと。

一方のホエール・シャーク氏は別の種類のLANDオーナーで、謎の人物が$ WHALEを作成しました。
これは、NFTの所有権を中心に構築された“social currency(社会的通貨)”と呼ばれ、デジタル資産の個人的なコレクションがVault(※金庫)に保管されています。彼のサンドボックスLANDトークンは、Gods UnchainedやCryptoVoxelsなどの他のブロックチェーン主導型ゲームのゲーム内アセット、およびSuper Rareのアートワークとともにあります。

NFT資産自体に価値を見いだす


(※SANDBOX Blogより引用)


Binanceとホエール・シャーク氏はどちらも、NFT資産自体に価値を見いだしており、他のNFTと一緒にVaultに保存するためにLANDの重要区画を買い取り、長期的に価値を認めることを期待して長いゲームをしています。
The Sandboxと協力してゲームの宣伝と普及を支援しているBinanceにも、長期的なメリットがあり、短期的には、仮想不動産はさまざまな要素を開発するための強力なユーティリティを提供するだけでなく、他のゲーマーやコミュニティ全体と交流する機会も提供すると考えている。また、長期的にこれらは希少性と実用性を考えると、貴重な資産であると考えられます。

そのような背景からBinanceはサンドボックスと協力している他のIPと一緒に、サンドボックスは仮想不動産をますます価値のあるものにする大きなコミュニティを作成していくとみているようです。

BinanceとWhaleSharkはどちらも、ゲーム内で仮想LAND自体を実際に利用する予定です。ボルジェ氏によると、ホエールシャークは$ WHALEコミュニティのアーティストやクリエイターの豊富な供給を利用し、LANDを自由に貸したり、それらの過程で付加価値を構築できるようにする計画を立てていると述べています。
先週のLAND購入の発表で、BinanceはゲームのNFT作成コンテストを開催し、LANDをクリエイターに配布すると発表しています。

なお、サンドボックスは、12月に予定されているパブリックベータテストの立ち上げによって、より多くのユーザーに開放されます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.