【菅新内閣】女性は2人だけ。「おじいちゃん政治」に批判 [首都圏の虎★]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/19(土) 03:13:34.82 ID:3JxJrttn9
菅義偉・前官房長官は9月16日、臨時国会で新たな首相に指名された。新政権の閣僚の顔ぶれが明らかになったが、際立つのが女性の少なさだ。新たに決まった与党・自民党や野党・立憲民主党の役員人事でも女性の少なさは目立っており、政界で共通するジェンダーバランスの悪さに、批判も高まっている。【BuzzFeed Japan / 籏智 広太】

日本の「ジェンダーギャップ指数」は先進国でも最低ランク。政治分野では世界でワースト10入りしている現状がある。しかし、改善の兆しはなかなか見られない。

新菅内閣のうち、女性は上川陽子法相(67)と橋本聖子五輪相(55)の二人だけ。なお、新内閣の平均年齢は菅首相を入れると60.4歳だった。

また、15日に決定した自民党の役員人事は、その写真からも話題になった。幹部となる代表、幹事長、政調会長、国対委員長、選対委員長が全員男性。さらに平均年齢も71.4歳と高齢だったからだ。

・総裁:菅義偉氏(71)
・幹事長:二階俊博氏(81)
・政務調査会長:下村博文氏(68)
・選挙対策委員長:山口泰明氏(71)
・国会対策委員長:森山裕氏(66)

この5人の写真はネット上でも注目を集め、「おじいちゃんばかり」「この国の未来が見える」などと評する声もあがっていた。

あくまで内閣ではなく党役員の人事ではあるが、首相を含む閣僚の6割以上が女性のフィンランドと比較するツイートも拡散している。

なお、上記のほかに総務会長などの発表された新役員10人のうち、女性は幹事長代行の野田聖子氏と広報本部長の丸川珠代氏の2人だった。

野田氏はこの点について「全体の1割に見たない女性議員の数のなかで、なかなか選ばれてこなかったのがこれまでの歴史」との見解を述べている。

また、野田氏は前日の総裁選後の取材には「いつも思うのですが、ああいう大舞台に国民の半分である女性がいないというのに、私は違和感を感じています。国会議員は国民の代弁者で、女性たちも国民」とも答えている。

野党第一党である立憲民主党もこうした傾向は、同様だ。

15日に国民民主党などとの合流新党「立憲民主党」を結党したが、やはり代表、幹事長、政調会長、国対委員長、選対委員長は全員が男性だった。平均年齢は57.8歳と、自民党より若い。

・代表:枝野幸男氏(56)
・幹事長:福山哲郎氏(58)
・政務調査会長:泉健太氏(46)
・選挙対策委員長:平野博文氏(71)
・国会対策委員長:安住淳氏(58)

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c1c5a7d1ed8b99ebc6e25c911800a4514c9a613
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200916-00010003-bfj-000-1-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_siggYCaFRa0uMiT6IoZhsvk6.g---x640-y419-q90-exp3h-pril/amd/20200916-00010003-bfj-001-1-view.jpg

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600452814/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加