2020年 9月 の投稿一覧

ハッカーによって未発表金融プロジェクトから1500万ドルが流出

要点

・Yearn創設者のアンドレ・クロニエ氏によって予定されている未発表プロジェクトで、スマートコントラクトの脆弱性が標的になりました。
・ハッカーらによって、未発表プロジェクトから1500万ドル以上が盗まれ、その後がクロニエ氏の所有するウォレットへ800万ドルが返還されていたことが分かっています。

ハッカーが奪った資金のは案文を返還?

スマートコントラクトの脆弱性によって、ハッカーは無制限のトークンを作成し、数百万ドルで販売してから、資金の半分をYearnの創設者であるアンドレ・クロニエ(AndreCronje)氏に返還されています。

実験的なDeFiプラットフォームであるヤーン・ファイナンス(YearnFinance)のカルト的サポーターは、Yearn創設者であるクロニエ氏によって構築された次のゲームプロジェクトであるエミネンス(Eminence)で、身元不明のハッカーがスマートコントラクトの脆弱性を悪用した後、今朝損失に見舞われました。
このエクスプロイトにより、彼らは無制限の新しいトークンを作成し、その過程で1,500万ドル以上を盗むことができましたが、彼らは後に盗んだ仮想通貨の半分を返しています。

 

「Itestin prod」アプローチ(※開発者が通常行うテストネットではなく、イーサリアムメインネットでの本番環境でのテスト)で知られるクロニエ氏は、昨夜Twitterでプロジェクトのロゴをからかっています。

不可解なハッカーの動き

その後に続いたのは、特徴的な仮想通貨の動きで、プロジェクトに関する情報が不足していても、投機家が急いで来るのを止めることはできませんでした。
彼らは、クロニエ氏との関連性と、仮想通貨空間で信頼できるビルダーとしてのクロニエ氏の評判を考慮し、3時間以内に1500万ドル以上のEminenceのEMNトークンを購入しています。

しかし、実際にEminenceの契約を読んだ誰か(※以下、ハッカーと表記)が欠陥を発見し、ハッカーが無制限のEMNトークンを作成。
別の仮想通貨に対して同量のEMNトークンを焼き付けたうえで、EMNを購入しようと急いでいる人々に販売することを可能にする不正な機能を見つけたことが明らかになりました。

ハッカーは言うまでもなく自らの計画を進め、その後、盗んだ資金のうち800万ドル以上をクロニエ氏自身の所有する仮想通貨ウォレットに、資金を戻しています。

この件について開発者は、EMNを急いで購入したすべての人に資金を返還するとすぐに約束をしています。
しかしこれらの動きは、投機家が被った損失のためにクロニエ氏が受けたとされる脅威を止めなかった事をクロニエ氏自身が明かしています。

私はかなりの脅威を受けとっている。ハッカーが送った8万ドルの払い戻しを支援するため、財務省に助けを求めました。マルチシグはより安全であり、私は彼らが資金を持っていることをより快適に感じています。資金はハッキング前のスナップショットを保有者に返還されます

とクロニエ氏は述べています。

同氏は今後数週間でEminenceを開発し続けると述べており、今回は免責事項を付け

はっきりさせておきます。中程度の記事で参照しない限り、展開するランダムな契約を使用しないでください。

とコメントしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【ビットコイン】マカフィー氏、仮想通貨ビットコインの100万ドル(一億円)予想「冗談」だった

1: 承認済み名無しさん 2020/06/02(火) 06:16:26.90 ID:Z4Ci7qmn
マカフィー氏、仮想通貨ビットコインの100万ドル予想「冗談」だった


マカフィー氏
「もしビットコインが100万ドルに達したら、時価総額は北米大陸全体のGDPよりも大きくなってしまう。どんなバカがこんなナンセンスな話を信じることができるのか」


100万ドルという主張は、仮想通貨業界にユーザーを参入させるための誇大表現だったようだ。

悪質なビットコイン買い煽りの一例

https://jp.cointelegraph.com/news/john-mcafee-calls-his-own-1m-bitcoin-price-prediction-nonsense

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1591046186/

続きを読む No tags for this post.

LINE仮想通貨取引所BITMAX爆誕!!8000万人超のLINE利用者のうちどれだけ取り込めるか(^q^)

1: 承認済み名無しさん 2019/09/17(火) 20:29:49.81 ID:BA7pdtJm
LINEのグループ会社で仮想通貨事業を展開するLVCは9月17日、仮想通貨取引所「BITMAX」の提供を開始した。
LINEグループは既に、日米を除くグローバルで展開している仮想通貨取引所BITBOXを運営していたがついに
日本国内でも仮想通貨事業に参入したことになる。

取り扱い通貨は5種類で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)。LINEウォレットのタブから利用できる。まずAndroid対応端末のみ利用でき、iOSは近日中に対応予定だ。

LINE Payで本人確認を済ませていれば、BITMAXでの本人確認手続きを短縮できる。銀行口座だけではなく、LINE Payからの入金も可能だ。

20才以上で75才未満のユーザーが対象で、1,000円以下でも取引できる。LINEユーザーは国内で月間8,100万人以上
いるといい、そのうちどれだけ引き込めるかが注目される。


https://www.coindeskjapan.com/21526/

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1568719789/

続きを読む No tags for this post.

今日明日でビットコインが大暴騰する

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/28(月) 16:27:35.779 ID:DZQuzSz/a
このスレを覚えておけ

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1601278055/

続きを読む No tags for this post.

政府、次世代規格6G開発に70億円投資 5Gの反省を活かし早期開発を目指す

1: オムビタスビル(宮城県) [US] 2020/09/27(日) 10:03:43.64 ID:ofWDEvdC0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
政府、6G開発へ官民共用施設 資金支援含め70億円要求

政府が、第5世代(5G)移動通信システムの次世代規格「6G」の研究開発を官民共用で進める施設を、総務省所管の情報通信研究機構(NICT)に
整備する計画であることが24日分かった。6Gの研究開発に取り組む企業や大学を対象とした資金支援策などと合わせ、総務省が月末に示す
2021年度予算の概算要求に、関連費用約70億円を盛り込む。

6Gは30年ごろの導入が見込まれており、海外では既に普及を目指して研究開発が進む。5Gが持つ高速大容量、低遅延などの性能が大幅に強化され、
消費電力は少なくなるのが特長。通信可能な範囲を海や宇宙に広げることも期待される。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/57566/

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1601168623/

続きを読む No tags for this post.

先週末から再び上向きなビットコイン相場に、投資ファンドが食指を動かした。

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ライトコインや一部アルトコインは2017年半ばと同じ価格帯に 買いのチャンスなのか?

現在、いくつかの仮想通貨は2017年半ばの評価額と同等の価格で取引されるほど減少していることから、後発の仮想通貨参加者にチャンスが出ているように見える。しかし、これら仮想通貨は再び上昇するかもしれないし、全く動かないかもしれない。買いには注意しながら、必ず自分で調査が必要だ。 No tags for this post.