国際送金のリップル、2030年までにCO2を実質ゼロに──「金融界のシステム転換必要」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーンを使った国際送金のネットワークを開発する米リップル(本社:カリフォルニア州)が、2030年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする行動計画を発表した。

3240720_s
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加