【トランプ】「胎児の細胞」利用した新薬で保守派総スカンの危機 「禁じ手」が使われた [首都圏の虎★]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/11(日) 11:28:58.23 ID:r0U93YNo9
アメリカ大統領選挙は「トランプの最後の逆襲」に焦点が移っている。そのトランプ大統領に新たな悩みの種が植え付けられた。コロナウイルス感染症からの「早すぎる回復」には、彼の政治基盤を揺るがす「禁じ手」が使われたというのである。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *
 トランプ大統領のコロナウイルス感染症からの回復が魔法のように早い。これまでアメリカでは21万人以上の尊い命が奪われている。なぜ、74歳のトランプ大統領が、ウォルター・リード陸軍病院にわずか3日間入院しただけでホワイトハウスに帰り、翌日には大統領執務室に入って仕事に復帰することができたのか?

 精神に異常をきたすなどの副作用もあることから、通常は重症者に使うステロイド剤を使用したことは医師の治療薬リストで明らかになった。しかし、ステロイド剤は炎症を鎮める対処療法にすぎず、コロナウイルスに直接働くものではない。ウイルスを叩くためには別の薬剤が使われた。それが、8g投与されたと発表された「ポリクローナル抗体カクテル」である。コロナ治療薬として認可されたものではない。

 ところで、報道によればトランプ氏の医師団や側近たちは、今回の治療の前に守秘義務契約を結ばされたそうだ。一般的に医師には患者のプライバシーを守る義務があるが、スタッフまで含めてこのような厳重な契約で縛るのは異例と言えるだろう。彼らは治療の詳細やその決定の過程について、生涯しゃべることができなくなった。

 そこまでしてトランプ氏が隠したかった治療こそが、ポリクローナル抗体カクテルだった可能性がある。これは、免疫細胞であるB細胞から、特定のウイルスやがんに対する抗体を取り出して複製し、薬品にするモノクローナル抗体技術が使われている。筆者はかつてハーバード大学の小児がん研究者から詳しく取材したことがあるが、医学にとってすばらしい技術である半面、使われる細胞の由来について倫理的な懸念が生じるという厄介な問題もはらんでいる。ニューヨーク・タイムズが以下のように報じている(一部要約)。

《何十年もの間、胎児組織は多くの医学的研究に欠かせないものだった。現在、多くの企業が使用している細胞の元になった293T細胞株は、1970年代に中絶された胎児の腎臓から採取したものだ。同様の細胞株Per.C6は、1985年に流産した妊娠18週目の胎児の網膜細胞から得られた》

 トランプ氏に投与された薬品は、アメリカのバイオテクノロジー企業・リジェネロン社が作製したモノクローナル抗体2種類を混合したもので、同社は上記の293T由来の細胞を一部の実験に使用したことを同紙の取材に認めている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/2800cce6f528125bd2d17f490c2b0f0e33de7cdf
https://amd.c.yimg.jp/amd/20201011-00000002-pseven-000-1-view.jpg

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602383338/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加