G7「ランサムウェア攻撃に対抗」犯人はビットコインのアドレスは必要なだけ発行できる。G7ってどう規制強化するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/19(月) 00:23:23.530 ID:vXU7WO8r0
日本を含む暗号資産の規制は取引所の身元確認ぐらいで、あとはないも同然。
暗号資産はウォレットがあれば免許も、資格も、身元確認もなしに銀行口座の代わりになるアドレスを個人でも必要なだけ発行できる。

いわば今のビットコインの規制は表面だけ。


G7「ランサムウェア攻撃に対抗、crypto-assets(暗号資産)の規制必要。ランサムウェアの多くがcrypto-assets(暗号資産)利用」
G7=Group of Seven フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの主要な先進国

ドイツの大学病院、ランサムウェア攻撃の影響で一人死亡
https://www.theverge.com/2020/9/17/21443851/death-ransomware-attack-hospital-germany-cybersecurity


マネロン対策が脆弱なBTCなどを利用したランサムウェア攻撃急増。国際問題に発展
G7もcrypto-assets(暗号資産)を名指しで問題視 

The G7 draft also expresses concern about the rising threat of ransomware attacks,
which are on the rise as the COVID-19 pandemic shifted economic activity on-line.

“These attacks, which often involve payments in crypto-assets,
jeopardize essential functions along with our collective security and prosperity.
We affirm our resolve to combat this threat collectively as well as individually,” the draft said.
https://www.reuters.com/article/us-g7-stablecoin/facebooks-libra-must-not-start-until-properly-regulated-g7-draft-idUSKBN26X21I

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1603034603/

続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加