VISAのプレイド買収が直面した米司法省の壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米司法省は11月5日、ビザ(Visa)によるフィンテック企業プレイド(Plaid)の買収中止を求め、裁判所に書類を提出した。反トラスト法(独占禁止法)に違反し、オンライン・デビットカード市場の競争を阻害すると訴えている。

Untitled-design-87-710x458
Untitled-design-87-710x458


No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加