ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコイン時価総額、3,000億ドルを突破で史上最高の90%まで回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・ビットコインの時価総額が3,000億ドルのマークを破りました。
・2017年12月以来、3,000億ドルを超えたのは初めてで、ビットコインは、史上最高の時価総額と比較し、90%にまで価格が回復しています。

ビットコイン時価総額が90%まで回復




13日(金曜日)にビットコイン時価総額が史上最高にまであと一歩の90%にまで回復し、ユーザーらはさらに価格が上昇するのではないかと注目しています。


ビットコインの価格が過去24時間で16,000ドルを超え、ビットコインの時価総額はとらえどころのない3,000億ドルを突破したことが分かりました。
これは、仮想通貨が史上最高額に達してからわずか2日後の2017年12月19日以来初めてのことでした。

当時、ビットコインの価格は2万ドルに達し、時価総額は3,330億ドルに達していました。
そして今、両方の数字はそれぞれの目標に近づき、当時の価格を超えるのも時間の問題ではないかという見方が強まっています。



※画像引用元:CoinMarketCap 


CoinMarketCapによると、11月15日15時時点のビットコインの時価総額は現在296,720,570,592ドル、31,047,362,692,900円で、史上最高の時価総額に回復するまで90%まで回復している事を意味しています。
対照的に、ビットコインの価格は現在16,000ドル、167万円台で推移しており、史上最高値までの回復率は、わずか81%に留まっている状況です。


時価総額がより近い数字であることは理にかなっており、ビットコインの価格よりも先にマイルストーンを破るのは、コインの時価総額がコインの数とその価格を掛けて計算されるためです。
ビットコインのインフレ率は年間約657,000ビットコインを生成するため、価格が安定していても時価総額は上昇し続けます。

仮想通貨市場におけるビットコインのシェアは、ここ数カ月減少しており、ビットコインの市場での優位性は過去33%と低かったものの、通常は2019年後半から2020年初頭にかけて65%前後で推移しました。
2020年9月14日には、最近の最低値である57%にまで価格は落ち込んでいましたが、ビットコインの時価総額の増加は、市場のシェアを復活させるのに役立ち、それ以来64%にまで回復しており、価格も上昇。
仮想通貨市場全体の3分の2にまでシェア率も回復しています。

ビットコインとアルトコインの時価総額を見る


※画像引用元:CoinMarketCap


時価総額ランキング10位までの他の仮想通貨の顔ぶれを見てみると、2017年に大ヒットし、以前の高値に戻るのに苦労しているコインと、2020年に新境地を開拓し、史上最高値を更新しているコインに分かれていることが分かります。

イーサリアム(Ethereum/ETH)とリップル(XRP/XRP)はどちらも、時価総額の過去最高からまだ遠く離れており、イーサリアムの時価総額は1,000億ドルから520億ドル(48%の減少)にまで縮小し、XRPの時価総額は、1,400億ドルからわずか110億ドル(92%の減少)にまで減少しています。





対照的に、チェインリンク(Chainlink/LINK)とバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)はどちらも最近、最高値を記録して以降、それほど下落していません。
チェーンリンクの時価総額は8月に67億ドルに達し、現在25%減の50億ドルにまで減少しており、バイナンスコインは6月に55億ドルの時価総額に達したものの、27%減の40億ドルまでしか減少しませんでした。

2017年以降、時価総額が小さくなっているコインもあれば、どこからともなく新しい高値を打ち破るコインもあるものの、ビットコインは、高いピークから落ちたものの、大部分を取り戻した数少ないコインの1つといえるでしょう。
一貫した絶対的な価値の保存ではないかもしれませんが、確かにビットコインには回復力があると言えます。


スポンサーリンク

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.