ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ブロックチェーン投票は失敗しやすいと主張の研究者を間違いと指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・最新論文の草案で、MIT科学者のチームは、ブロックチェーン投票は失敗しやすいと主張しました。
・投票という意味の社名を持つ、ブロックチェーンベースのモバイル投票会社VotemのCEOであるPeteMartinはいくつかの考えを論文の草案で明らかにしました。
・論文の懸念は現実世界ではなく理想的な状況に焦点を当てていると彼は指摘しています。

ブロックチェーン投票は失敗なのか




Votem(ボーテム)のCEOであるの最高経営責任者であるピート・マーティン(Pete Martin) CEOは、ブロックチェーン投票の危険性について警告したMITの科学者は間違っていると述べました。

研究者がブロックチェーン投票の危険性について警告している限り、実際にはブロックチェーン投票は安全であると同社は反論してきました。
2020年2月、MIT(Massachusetts Institute of Technology=マサチューセッツ工科大学)研究者は、ブロックチェーン投票アプリVoatzが、さまざまな種類の敵対者がユーザーの投票を変更、停止、または公開することを不注意に許可したと主張する論文を発表しました。
マーティンCEOは、この論文に対し、“穴だらけだ”と答えています。

MITの科学者たちは、ブロックチェーン投票技術は、全国規模で失敗に陥りやすいと主張し、さらに広い範囲の最新論文の草案を発表しました。
これに対し、ブロックチェーン技術を介してモバイル投票を提供しているVotemのマーティンCEOは、この論文は支持されないと述べています。

なぜ、ブロックチェーン投票が失敗なのか




マーティンCEOは、ホストのマシュー・アーロン(Matthew Aaron)氏に、ドラフトを共同執筆したMITの科学者は“理想的な投票の世界”に焦点を合わせすぎていると語りました。

学者として、あらゆる種類のシステム、あらゆる種類のプロセスに関するすべての潜在的な問題について話すことができます。しかし、そこには現実の世界があります。

 

自分自身を“ブロックチェーンとモバイル投票の革命家”と表現しているマーティンCEOは

・投票の秘密
・ソフトウエアの独立性
・投票者が投票を検証する能力
・競争力

以上の4点についての懸念に要約した主張を論文の中で展開しています。

投票の秘密に関してマーティンCEOは

公平を期すため、私たちも他のブロックチェーン投票ベンダーも、国民国家の攻撃を防ぐための唯一のセキュリティ技術としてブロックチェーンを使用していません。しかし、ブロックチェーンを他のセキュリティ対策と組み合わせて導入すると、安全な投票システムを提供できます。

と述べています。

ブロックチェーン投票システム提供側の指摘




検証に関して、マーティンCEOは、研究者は、手書きの紙の投票用紙が最も有権者が検証できる種類の投票用紙であると信じていますが、問題は、CoCと呼ばれる投票の概念があることです。
しかし、郵便物に票を落とした瞬間、投票箱に票を落とした瞬間、あなたは管理過程を失っていると説明しています。

2020年にシステムを通過した投票の大多数は、真のエンドツーエンドの投票者の検証可能性を持っていませんでしたが、ブロックチェーンはそれらの機能を提供します。
2018年の中間選挙で一部の有権者にVoatzを使用していたウェストバージニア州政府は、MITの2月の報告を受け、アプリを廃止しています。

Voatzは後に、MITの研究者が行ったタイプの無許可のセキュリティ研究はコンピューター詐欺として分類されるべきであると主張し、米国最高裁判所にアミカスブリーフ (※1)を提出しました。
(※1)アミカスブリーフとは、裁判所に対して,当事者および参加人以外の第三者が事件の処理に有用な意見や資料を提出する制度を言います。

Voatzとは異なり、Votemはまだ政治の世界に触れておらず、アプリのウエブサイトには、潜在的ユースケースの中から個人選挙とオンラインファン投票がリストされており、Votemを小規模に売り込んでいます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加