ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

Binance太極拳ファイル報道、フォーブス記者を名誉毀損訴訟へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・Forbes(フォーブス)は10月に、規制を回避するためのBinance戦略を報じました。
・Binance(バイナンス)は、記事を中傷的と呼び、出版物と2人の記者を訴え、損害賠償および出版物の差し止め・回収を求めています。

Binance(バイナンス)が名誉棄損でForbes(フォーブス)を訴える




大手メディアForbes(フォーブス)が中傷的と見なすストーリーを撤回しなかった後、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は補償的および懲罰的損害賠償を求めています。

世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceの運営会社Binance Holdings Limitedは先月、名誉毀損に値する記事を公開したとして、Forbes MediaLLCと2人の記者を11月18日(水曜)に訴えたことが分かりました。

Binance(バイナンス)の申し立て内容とは




ニュージャージー地方裁判所に提出された申立書によると、「contains numerous false, misleading and defamatory statements about Binance.(日本語:リークされた太極拳文書は、ビットコイン規制当局を回避するためのBinanceの精巧な計画を明らかにしています)」には、Binanceに関する多数の虚偽と誤解を招くような中傷的な声明が含まれていると主張しています。

問題となっている記事は、Forbesのマイケル・デル・カスティージョ(Michael del Castillo)記者によって書かれており、後にジェイソン・ブレット(Jason Brett)記者による追加報告があり、両記者は、Forbesと並んで訴訟の原告として名前が挙げられています。

Forbesの記事は、CZことチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:趙長鵬) CEO (最高経営責任者)含む「上級管理職によって作成されたと思われる文書」と「Binanceの上級管理職によって見られたと信じられている」と記載されていました。

Forbesの記事は、Binance幹部が“作成したと考えられている”2018年からの漏洩文書にかかっており、太極拳文書は、子会社であるBinance.USを設立し、“規制当局の注意を逸らし”、“ライセンス料などの形で収益を上げる”計画を巧妙な形で作成したと概説。
また、子会社について記事に、子会社を他のグローバル事業に収益を移動する方法として使用し、2019年、Binanceはサンフランシスコを拠点とする仮想通貨取引所であるBinance.USにその名前を貸したと文中で主張しています。

訴訟によると、Binanceが適用法を遵守せず、規制当局を回避しようとし、マネーロンダリング(資金洗浄)の特徴がBinanceに大きな損害を与える活動に従事しているという被告の虚偽の陳述、不実表示、ほのめかしであると主張しています。

Binance(バイナンス)はメディアとの闘いを避けていた!?




Binanceは過去に他の企業を名誉毀損で訴えた経歴がありますが、メディアに対してはこれまでで、世論の声、つまりソーシャルメディアで問題と戦う傾向があり訴訟へと発展することは意図的に回避しているとみられていました。



(※日本語訳:記事の記述と告発は正しくありません。記事全体は、サードパーティのドキュメントに依存しており、文書は、Binanceの元従業員(または現職員)によって作成されたものです。誰でも「戦略文書」を作成できますが、Binanceが文書に従うという意味ではありません。)


しかし、今回、同社がForbesに対して訴訟へ踏みきった事で、これまでのBinanceのスタンスがかわりつつあるとの見方もできます。

Forbesは今回の訴訟に対し、次のように述べています。

私たちは、この訴訟がBinanceの報道に対する脅威を表していないことをメディアに保証したいと思います。私たちと業界をリードするプレーヤーは、私たちに説明責任を負わせ、情報を一般に報告するためのメディアを必要としています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加