ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

中国警察、PlusTokenPonzi取り締まりで42億ドルの仮想通貨を押収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要点

・PlusToken Ponziスキームをめぐって、42億ドルを超える価値のある仮想通貨を押収しました。
・資金は、200万人以上を搾取した主要なポンジースキームの一部で、これまでに15人が有罪判決を受けています。
・裁判所は、押収した資金について、法律に従って処理を行い、国庫に没収されると述べました。

PlusToken Ponzi で中国警察が42億ドル相当を押収




中国警察は、PlusToken(プラストークン) Ponziスキームで合計194,774ビットコイン(ビットコインの総供給量の合計1%)を押収しました。


ビットコイン谷の2020年5月25日付「仮想通貨史上最悪!プラストークン詐欺で首謀者ら刑事責任を問われる」で特集したように、仮想通貨史上最悪と言われる韓国拠点の仮想通貨出資金詐欺PlusToken(プラストークン)首謀者らに対する刑事責任を問う裁判が現在も中国当局によって進められています。

木曜日に公表された11月19日の判決で、江蘇塩城中級人民法院は、イーサリアム(Etjereum)83万ETH、ライトコイン(Litecoin)140万LTC、イオス(EOS)2700万EOS、ダッシュ(Dash)74,000 DASH、リップル(XRP)487百万XRP、ドージコイン(Dogecoin)60億DOGE、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)79,000 BCH、テザー(Theter)213,000USDTも押収したと発表されました。

PlusToken出資金詐欺の概要




地元メディアおよび海外メディアが報じた内容によると、今年9月に中国の江蘇省の地方裁判所によって最初に裁定されたPlusToken出資金詐欺は、2018年5月に開始され、容疑者らは存在しない仮想通貨取引プラットフォームを宣伝していたことが分かっています。
この犯行で、500ドル相当の仮想通貨を預金と引き換えに支払うとユーザーに約束していました。

このスキームは、ビットコインの総供給量の1%のほかに、イーサリアム全体の0.73%、流通しているすべてのドージコインの5%も保有していたことが分かっています。
この出資金詐欺は、仮想通貨全体の価格が最も下落していた2018年5月1日から2019年6月27日までの間に、世界各地から200万人以上、計22億ドル、約2,300億円相当の被害を生んでおり、価格が高騰している現在、犯行によってだまし取った仮想通貨は合計110億ドル以上の価値にまで上がっていることが報じられています。

PlusToken出資金詐欺判決の流れ




PlusToken刑事事件は、当初、中国の江蘇省の塩城市にある下級地方裁判所によって9月22日に判決が下されましたが、事件の有罪判決者の何人かが高等裁判所に控訴したため、最初の判決詳細は公表されていませんでした。
塩城中級人民法院は、11月19日の最終判決で上訴を却下し、地方裁判所を支持し、刑事事件に関する詳細を開示しています。
これまでに、PlusToken出資金詐欺により、15人が有罪判決を受けており、中国の裁判所が出した判決は2年~11年の懲役を下し、罰金は1,000万円~1億円の刑が科せられていることがメディアの報道などによって分かっています。

容疑者の1人は、すでに2200万ドル相当の仮想通貨を中国人民元にロンダリング(資金洗浄)することに成功しており、容疑者とその家族が高級車、20を超える不動産、香港の保険契約の購入に費やし、約1,900万ドルのマネーロンダリング資金の痕跡により、特定されています。
押収された仮想通貨などは法律に従って処理され、収益と利益は国庫に没収されると判決が下されています。
ただし、江蘇塩城中級人民法院側は、押収された仮想通貨のどれだけがすでに処理されたか、または処理されるか、正確にどのような方法で処理されるかについてなどは詳しく説明していません。

つまり、PlusToken出資金詐欺によって中国当局は、ビットコインのハッシュレートの半分を管理しているだけでなく、今では大型クジラ(大きな保有者)にもなっています。

中国警察は現在、インターネットベースの犯罪活動の取り締まりを強化しており、すでに詐欺案件ではないかとして調査されている一部は、ユーザーをだまし、収益をマネーロンダリングするために仮想通貨を使用した可能性がある年て、引き続き捜査が行われています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.