ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインの価格が250万を記録した後、4時間で20万円幅下落 / 米大手銀行が今後のビットコイン市場の価格調整シナリオを描く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの価格が250万円超えた後、急落

要点

・ビットコインの価格が250万を記録した後、下落した

・4時間で約20万幅下落した

ビットコインの価格が日本円で一時的にですが、250万円超えを記録しました。

その後4時間で約20万幅下落しました。

ビットコインはここ最近、下落傾向も強かった週末相場でも
4週連続で上昇を続けるなど、地合いの強さを示していました。

過去最高値を記録した後も続いた急な市場変動を受け、
短期の利益確定売りも出やすくなっていました。

週明けのビットコイン市場は米議会の与野党党派リーダーが
9000億ドル(93兆円)相当の新型コロナウイルス対策の追加経済対策案に
合意に達したことに好感し、上昇で取引を開始していました。

米国では、金融緩和とドル安の局面は長期化するとの思惑が改めて強まっています。
そんな中、ビットコイン市場環境下では、米国の政策動向への意識も高まっているようです。

 

米大手銀行「ビットコインの価格調整は高確率で発生する」

要点

・米大手銀行がとある見解を出した

・2019年後半のような価格下落があるかもしれない

米大手銀行JPモルガン・チェースのストラテジストが1つの見解を出しました。

それは、米大手仮想通貨ファンド『グレースケール』が提供している
ビットコイン投資信託への資金流入ペースが大幅に遅くなれば、
ビットコイン価格が調整される可能性が高まるという内容でした。

今後のビットコイン価格の値動きとして、
ビットコイン投資信託への資金流入・流出が
注目すべきポイントと強調しています。

2019年後半のような価格下落につながる可能性がある

好調なビットコイン市場も買われすぎの状態となっています。

高騰材料となったビットコイン投資信託の資金流入状況が崩れれば、
資金を投じてきたトレーダーがポジションを解消する流れに繋がると指摘しました。

それは、2019年後半のような価格下落に繋がる可能性があるようです。

現在、グレースケールではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、
イーサリアムクラシック、ライトコインと時価総額が高い銘柄に投資する
時価総額が高い銘柄に投資する『Digital Large Cap Fund Trust』の6種類の
投資信託について、新規投資家の購入の受付を停止している状況となっています。

これがきっかけで、取引価格にはプレミアムが発生する状況となりました。

また、こういった停止は過去にもそういったことがあり、
今回の件も一時的な措置であることが伝えられています。

 

■ネットの反応

多くの投資家も調整入るだろうと予想している様子です

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの価格が250万円超えた後、急落』について

・ビットコイン価格は250万を記録し、その後20万円幅下落した

・ビットコインは下落傾向も強かった週末相場でも4週連続で上昇を続けていた

 

■『米大手銀行「ビットコインの価格調整は高確率で発生する』について

・米大手銀行はビットコインの価格調整が高確率で発生するという見解を出した

・ビットコイン投資信託への資金流入・流出が注目すべきポイントとしている

・2019年後半のような価格下落に繋がる可能性があると指摘

 

多くの投資家もこういった価格上昇は長く続くとは

思っていなかったようで、慌てている様子はありませんでした。

今後は調整に入る可能性が高いため、SNSなどで活躍している

投資家の意見を参考にしながら、様子を見たほうが良いでしょう

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加