ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインが急落!? その後、一気に反発する事態に / 韓国、2022年から仮想通貨取引益に20%の課税へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインが急落!? その後、一気に反発する事態に

要点

・ビットコインの価格が一時、急落した

・その後、強い反発を見せた

ビットコインが再び荒い値動きを見せています。

日本時間で22日、米国市場が開くタイミングに
5万ドルを割り、4万8000ドル前後まで急落しました。

1時間で7000ドル、-20%の下落幅を見せました。

その後、一気に5万4000ドル付近まで
反発し、現在は5万3000ドル以上で推移している状況です。

正式な報道ではありませんが、Twitterで
ジャネット・イエレン米財務長官がイベントで
ビットコインに批判的な発言をしたというツイートが
増えています。

そういったツイートが急落の要因ではないかと
思われているようです。

しかし、今回の急落は更なる上昇のチャンスという声もあります。

コインテレグラフへの寄稿者ジョセフ・ヤングは
ビットコインが4万7400ドルをつけて反転すると同時に、
コインベースにおける価格プレミアムが
ほぼすぐにプラスに戻り500ドルに達したことを指摘しました。

これは、強気のサインであると分析しています。

 

■ネットの反応

今回の急落は想定内だという声もありました

むしろ、これはチャンスだと思っている方も多く、

買いに出ようとする方もいました

 

韓国、2022年から仮想通貨取引益に20%の課税へ!

要点

・2022年1月1日から、韓国で仮想通貨の取引益に20%の課税を実施

・相続の一部として受け取った仮想通貨なども対象となる

韓国は2022年1月1日から仮想通貨の取引益に
20%の課税を実施することを決定したようです。

韓国経済財政部が発表した
コリアンヘラルド誌が報道しました。

課税の対象となるのは、仮想通貨で得た利益が
250万ウォン(約2300ドル、約24万円)を
超えた場合としています。

これ以下の利益は非課税となります。

相続の一部として受け取った仮想通貨や、
贈与として受け取った仮想通貨も課税されます。

仮想通貨の贈与や相続に関して
コリアンヘラルド紙は

これをうけ2月10日から3万8000人以上の
韓国市民が課税に反対する署名活動を行っている。

3月末までに請願書の署名数が20万人に達した場合、
韓国政府は正式な対応を迫られることになる。

また今年3月から特定金融取引法の改正が予定されており、
仮想通貨取引所も新たな規制の対象となる。

取引所は情報セキュリティ手続きの強化や
マネーロンダリング対策に加えて、
「実名口座」の導入を余儀なくされる。

と、報じました。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインが急落!? その後、一気に反発する事態に』について

・ビットコインの価格が5万ドルを割り、4万8000ドル前後まで急落した

・その後、一気に5万4000ドル付近まで上昇した

■『韓国、2022年から仮想通貨取引益に20%の課税へ!』について

・韓国経済財政部が2022年1月1日から、
韓国で仮想通貨の取引益に20%の課税を実施すると発表

・仮想通貨で得た利益が250万ウォン(約2300ドル、約24万円)を
超える場合、課税対象となる

 

今回の急落に関して、チャンスだと思っている方がいましたが、

だからといって、反発して600万円を超えるとは限りません

ビットコインの価格も高額であるため、手を出しにくく、

買いに動くべきかと迷っている方もいました

投資家の意見はバラバラですが、しばらくは変動が大きくなる

状況が続くかもしれないため、チャートに注目しながら

専門家の意見を参考にすると良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加