ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

「テスラはビットコインを売却して自社株買いすべき!」著名アナリストが主張 / 米規制当局から起訴されたマカフィー氏、相場操縦容疑を否認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テスラはビットコインを売却して自社株買いすべき!」著名アナリストが主張

要点

・ビットコインに15億ドルもの投資をしたテスラに、アナリストが苦言

・「ビットコインを売却して、自社株を買い増しすべき」との主張

ビットコインを大量保有する米電気自動車大手のテスラに
アナリストから苦言が飛び出しました。

ウォ―ル街の著名アナリストである
ゲイリー・ブラック氏は、

テスラはビットコインを売却して自社株買いをすべきだ」

と提案しました。

その訴えの背景には、
テスラが15億ドルを投じてBTCを購入した
というニュースが2月8日に報じられて以降、
テスラ株が28%もの大幅下落に
至ったことがあります。

ブラック氏の意見は
国内外のツイッター上で物議を醸しています。

 

■ネットの反応

テスラ社の株価急落を不安視する投資家は多いようで、

「よく言った。その通り」とブラック氏の提案に

賛同する人も散見されますが、

一方で「自社株買いの必要性はない」

「将来的にBTC投資はメリットが大きい」とした

分析もありました。

 

米規制当局から起訴されたマカフィー氏、相場操縦容疑を否認

要点

・ジョン・マカフィー氏がSEOから不正相場操縦容疑で起訴されるも、否認

・マカフィー氏は「買い煽りはしていない。SECの告発内容は誇張されている」と主張

大手ウイルス対策ソフトで知られる
ジョン・マカフィー氏が、
米証券取引委員会(SEC)から
不正な相場操縦をしたとして
米連邦証券法違反の疑いで
起訴されていました。

マカフィー氏がツイッターで紹介した銘柄は
高騰する傾向があり、
2017年当時は「マカフィー砲」などと
呼ばれていました。

米SECは昨年10月、
仮想通貨のトークン販売にて
「マカフィー砲」を発動し
投資家を不正に誘導したとして
マカフィー氏を告発しました。

これに対し、マカフィー氏は
以下のような反論をしています。

「私のチームは、すべての仮想通貨プロモーションを、
管理体制、ビジネスプラン、ポテンシャルの面から査定していた。
アルトコイン市場の暴落を完全に予測できた者はいない。
私たちは、暴落したそのコインで報酬を受け取っていた。
SECの告発内容は誇張されている」

 

「私が一番推すコインはDocademicだが、
一枚も売ったことはない」

Docademicはマカフィー氏の影響で
一時は約42円(0.38ドル)に上昇しましたが
その後暴落しています。
現在価格は0.3円(0.002ドル)。

また、米SECのみならず、米国司法省も
今月3月5日に
マカフィー氏の仮想通貨ベンチャーが
証券詐欺およびマネーロンダリングを
画策していたとして起訴しています。

さらに商品先物取引委員会からも
並行して訴訟を起こされています。

どちらの訴訟も、マカフィー氏とその片腕が
「パンプアンドダンプ」
(嘘の情報を拡散してある資産価格を
不正に釣り上げて高値で売り抜ける
風説の流布・相場操縦行為)
をしたという疑いです。

それに対してもマカフィー氏は
ツイッター上で容疑を否認しています。

「新たな訴訟内容は、
2017年に私が行っていた『Coin of the day』に関するものが多い。
当時価値があると信じていたコインを紹介した中の
一つにドージコインがあるが、
現在イーロン・マスク氏の推奨によって、
1,000%以上も上昇している。
私による『パンプアンドダンプ』ではない」

とのことです。

なお、マカフィー氏は上記の訴訟とは別に
脱税容疑でも起訴されており、
現在スペインで勾留されています。

 

今回の記事のまとめ

■『「テスラはビットコインを売却して自社株買いすべき!」著名アナリストが主張』について

・15億ドルものBTC買いが報じられた後の急落をアナリストが懸念

・「BTCを売却して自社株を買うべき」という提案は国内外で賛否両論

■『米規制当局から起訴されたマカフィー氏、相場操縦容疑を否認』について

・マカフィー氏が風説の流布および相場操縦などの疑いで起訴される

・あくまで「原告側の誇張である」として容疑の一切を否定

 

テスラは米上場企業の中では、マイクロストラテジーに次ぐ

二番目のビットコイン大量保有企業として知られています。

しかし、大量の資金を投資してBTCを買い集めた結果

自社の株価が28%もの暴落をしているので、

やはりBTC購入をリスクと見る投資家は

少なくない模様です。

大手企業に大量保有されたBTCの

資産価値がどう化けるか。

今後の動向を注視していきたいものです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加