ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

調査会社「マイニングに高性能GPUを使うのは馬鹿げている」 / グレースケール親企業、最大270億円分のビットコイン投資信託の購入計画を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査会社「マイニングに高性能GPUを使うのは馬鹿げている」

要点

・調査会社のジョン・ペディ・リサーチが急増するGPU需要についてに言及

・「今、暗号資産マイニングのために消費電力の大きなGPUに投資するのは非常に馬鹿げている」

ビットコインのマイニングによってGPUの需要が急拡大しています。

 

調査会社のジョン・ペディ・リサーチ(JPR)は

「2020年第4四半期におけるGPUの出荷数が
対前年同期比で12.4%増加した」

との調査結果を発表しています。

出荷増の主な要因は、
新型コロナウイルス感染拡大によるテレワークや
TVゲームなどの巣ごもり需要と見られていますが
暗号資産マイニングもその一角にあると言います。

JPRの創業者ジョン・ペディ氏は

「GPUでのマイニングに最適なイーサリアムは、
まもなくバージョン2.0となり、
GPUは無用なものになるでしょう。
今、仮想通貨マイニングのために
ハイエンドで、消費電力の大きいGPUに
投資することは非常に馬鹿げている」

と語りました。

エヌビディアのようなGPUメーカーは、
GPUの需要の急激な増加に対し
対処に苦しんでいるようです。

 

■ネットの反応

仮想通貨マイニングのための深刻なグラフィックボード不足に

一般の投資家たちもそれぞれに困惑しているようです。

一部では中古であってもかなり高騰しているGPUも

あるのだとか……。

 

グレースケール親企業、最大270億円分のビットコイン投資信託の購入計画を発表

要点

・グレースケールの親企業DCGが、BTC投資信託への投資する計画を発表

・最大270億円の資金が投じられるとのこと

仮想通貨投資企業である
グレースケール社の親会社DCGが、
グレースケール社提供のBTCの投資信託(GBTC)に
投資する計画を発表しました。

その予算は最大270億円とのことです。

GBTCの新規発行に参加するのでなく、
OTC市場でGBTCを直接購入する形です。

なお、購入のタイミングや実際の投資額は
現段階では未定とされています。

DCGは仮想通貨に特化した大手のVC企業で、資産総額は約3.7兆円に及びます。

 

今回の記事のまとめ

■『調査会社「マイニングに高性能GPUを使うのは馬鹿げている」』について

・GPUの需要が仮想通貨マイニングなどで急増し、深刻な品不足に

・調査結果のJPRは、マイニングのために高性能GPUに投資する事に苦言

■『グレースケール親企業、最大270億円分のビットコイン投資信託の購入計画を発表』について

・グレースケール社の親会社DCGがBTCの投資信託(GBTC)への投資計画を発表

・OTC市場でGBTCを直接購入する形だが、最大270億円もの資金が動くことに

 

マイニング用途需要や半導体不足などにより、

ここしばらくグラフィックボードが深刻な品薄となっています。

仮想通貨相場が加熱するのは結構なのですが、

パソコンユーザー全体がGPU不足や高騰に

悲鳴を上げている模様です。

需要に対して早く充分な供給が行き渡ると良いですね。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加